社会福祉学科

障害や精神疾患を抱える人をサポートし、
誰もが暮らしやすい環境をつくりたい。

本学科は、社会福祉士と精神保健福祉士の国家資格をどちらも取得できる県内唯一の学科です。もちろん資格取得を目指すだけでなく、福祉の現場を体験したり、働く方の声を聴くことで福祉の現状を知ることも、学びに対するモチベーションにつながります。私はうつ病や認知症などのメンタルヘルスに興味があるので、将来はそういった方々が暮らしやすい環境づくりに貢献したいです。

社会福祉学科で学ぶこと

教室で知識や理論を学ぶ「講義」、知識を活かして模擬体験で技術を磨く「演習」、各分野の現場で実践力を養う「実習」の3ステップで学んでいきます。社会福祉全般にわたる幅広い専門知識と高度な技術を修得することで、「社会福祉士」「精神保健福祉士」「介護福祉士」といった国家試験受験資格、「特別支援学校教諭」「高等学校教諭(福祉・公民)」「中学校教諭(社会)」の教員免許の取得を目指す教育プログラムです。

学びのポイント

本学科で学ぶ全学生が「社会福祉士国家試験受験資格」を取得することを前提に、「ダブル資格」の取得も可能にしたカリキュラムを用意。精神保健福祉士や介護福祉士、または社会科系の中学・高等学校の教員の中から二つ目の資格を選択し、自分の夢や目標に合わせて意欲的に学ぶことができます。卒業を目指すのではなく、その先にある専門資格取得を目指して学んでください。

CLOSE UP クローズアップ授業

障害者福祉論

現代社会における障害のある人の生活実態を踏まえ、「市民として当然の権利を行使することができない状況」に対し、どのようなサービス・制度が、どのように提供されているのかを学び、ソーシャルワーカーとして必要な障害者支援の基盤を身につけます。

医療的ケア

介護福祉士が行えるようになった「喀痰(かくたん)吸引」や「経管栄養」を実践的に学びます。これらの医療的ケアを介護福祉士が行う意味を理解し、チームスタッフと連携して安全に実施できる知識と技術を習得していきます。

社会福祉学科の取り組み

養成施設等に関する情報公表