本学について

学長メッセージ

学校法人津曲学園  鹿児島国際大学
学長  大久保  幸夫

本学は、1932(昭和7)年創立の鹿児島高等商業学校に始まり、2022(令和4)年に創立90周年を迎えました。建学の精神である「東西文化の融合」と「地域社会への貢献」の下、「国際的視野でものを考え、地域社会に貢献する人材」および「地域に暮らす人々の生活を生涯支え続けるための人材」の育成を基本理念に掲げ、今日まで6万人以上の優秀な人材を輩出し、経済・福祉・教育・文化等の分野で地域に貢献してまいりました。さらに、2023年4月に開設される看護学部は、医療・看護の分野で地域に貢献できるものと確信しております。

本学では、幅広い教養と深い専門性を育むことに加えて、2022(令和4)年度から「資格教育センター」を立ち上げ、公務員、各種資格取得等を目指す学生の相談・支援および基礎力向上に取り組みます。また、従来からの英語力を高めグローバルな人材となることを目指す「グローバル英語プログラム」およびフィールドワークにより地域課題を発見し解決策を考える「地域人材育成プログラム」に加え、2023(令和5)年度には新カリキュラムとして、共通教育での「データサイエンス・AI入門」や学部・学科の垣根を越えて多様な学びを提供する「学部横断プログラム」を開設します。

おわりに本学は、新型コロナウイルス感染症の影響下にあっても感染防止対策を十分にとった上で、原則として面接(対面)授業を行い、質の高い学修機会の確保および人的交流の推進に努め、学生一人ひとりが目的を持って学べる新しい時代の大学づくりを進めてまいります。

建学の精神

鹿児島国際大学の建学の精神

鹿児島国際大学の建学の精神は「東西文化の融合」と「地域社会への貢献」です。
それは今日、社会・文化を世界的な視野で考えると同時に、地域社会の発展に寄与できる人材を養成するという本学の目的に生きています。

沿革

1932(昭和7)年3月 鹿児島高等商業学校創立
1944(昭和19)年4月 鹿児島経済専門学校と改称
1950(昭和25)年4月 鹿児島商科短期大学に昇格
1960(昭和35)年4月 鹿児島経済大学(経済学部・経済学科)と改称
1965(昭和40)年4月 経済学部・経営学科を増設
1966(昭和41)年9月 市内永吉町より市内下福元町に移転
1982(昭和57)年4月 社会学部(産業社会学科・社会福祉学科)を開設
1999(平成11)年4月 大学院(経済学研究科[地域経済政策専攻]修士課程)を開設
2000(平成12)年4月 鹿児島国際大学と改称
国際文化学部(言語コミュニケーション学科・人間文化学科)を開設
2001(平成13)年4月 社会学部を福祉社会学部、産業社会学科を現代社会学科と改称、同学部に児童学科増設
大学院(経済学研究科[地域経済政策専攻]博士後期課程)増設
大学院(福祉社会学研究科[社会福祉学専攻]修士課程)開設
鹿児島短期大学を鹿児島国際大学短期大学部(情報文化学科・音楽科・専攻科)と改称、市内永吉町より市内下福元町に移転
2004(平成16)年4月 大学院(国際文化研究科[国際文化専攻]修士課程)開設
2006(平成18)年4月 経済学部に地域創生学科を増設
2007(平成19)年4月 大学院(福祉社会学研究科[社会福祉学専攻]博士後期課程、国際文化研究科[国際文化専攻]博士後期課程)増設
2010(平成22)年4月 鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科(鹿児島国際大学短期大学部音楽科を改組)開設
2011(平成23)年4月 経済学部経営学科(経営学科と地域創生学科を改組)再編
国際文化学部国際文化学科(言語コミュニケーション学科と人間文化学科を改組)開設
2014(平成26)年8月 鹿児島国際大学短期大学部廃止認可