利用案内

入館資格

  • 本学学生(大学院生・聴講生・科目等履修生および研究生を含む)
  • 本学教職員(非常勤講師を含む)
  • 図書館長の許可を受けた者

利用者マナー

  • 携帯電話の電源は切ってください。
  • 飲食・喫煙はできません。
  • 鞄類の持ち込みは自由ですが、貴重品は必ず身に付けてください。
  • ロッカーを利用する際、メインカウンターで手続きを行ってください。
  • 他利用者の迷惑になる行為は控えてください。

他図書館・資料を利用したい場合

他大学図書館の利用

他大学の図書館を利用したい場合は、1週間前までにメインカウンターに申し込んでください。紹介状を発行します。

相互貸借・文献複写の申し込み

他の図書館の図書を借りたり、コピーを取り寄せることができます。メインカウンターのレファレンス申込票に必要事項を記入し、提出して下さい。費用(郵送料など)は利用者の負担となります。

貸出について

  貸出冊数 貸出期間
学生 5冊以内(ただしレポート・卒論用に使う場合は10冊まで貸出可) 2週間
大学院生 15冊以内 2週間
  • 貸出の延長は2回まで更新できます。(最長6週間貸出可)ただし、予約が入っている場合は、延長できません。
  • 長期休暇中は、長期貸出を行います。
  • 貸出・延長の手続きには、図書と学生証が必要です。

禁帯出図書

下記の資料は原則として貸出できません。館内での閲覧になります。

  • 未製本雑誌
  • 新聞
  • 参考図書
  • 貴重図書
  • 特別コレクション
  • マイクロ資料
  • 視聴覚資料

資料の複写について

2階フロアにセルフサービスによるコピー機が設置されています。
図書館・オーディオルームに所蔵している資料に限り複写できます。

モノクロ:1枚 10円 カラー:1枚 50円

館内の資料を複写する場合は、著作権法を遵守し、利用してください。

  1. 著作物は全部ではなく一部分であること
  2. 定期刊行物に掲載された各論文その他の記事はその全部であるが、発行後相当の期間を経たもの(次号が既刊となったもの、または発行後3カ月を経たもの等)に限ること
  3. コピー部数は一人について一部のみであること
  4. 利用者の調査研究用に限ること
  5. 有償無償を問わず再複写したり頒布したりしないこと

※万一、著作権法上の問題が発生した場合、その一切の責任は利用者が負うことになっています。

複写手続き

  1. 予め学生証のICにチャージしてください。
  2. コピー機横の「複写申込書」に必要事項を記入し、カウンターへ提出してください。
  3. 学外の方はカウンターでお尋ねください。

卒業生・学外の方へ

卒業生・学外者の利用について

  • 学外の方も図書館を利用することができます。来館の際に身分証明書(免許証など)をご持参ください。カウンターで手続きを行います。
  • 来館の際には公共交通機関をご利用ください。
  • 図書・資料の閲覧または著作権法第31条の規程の範囲内で複写することができます。コピーは、モノクロ1枚10円、カラー1枚50円です。
    「複写について→ 」
  • 貸出は行っておりません。お近くの図書館(相互利用)を通じてお申し込みください。