音楽学科

2021.07.01 音楽学科吹奏楽演奏会

サムネイル

音楽学科 公演DVDダイジェスト

サムネイル

演奏技術が磨かれるだけでなく 音楽への理解も深まるので、
学べば学ぶほど音楽が好きになります。

音楽学科4年/ピアノ演奏家課程
園田 七海さん( 松陽高等学校出身)

高校時代も音楽科でしたが、やはり大学はオーディオルームや練習室などの設備がとても充実していると思います。そういった環境の中で学べるので演奏技術が向上するのはもちろん、ステージで演奏する機会も増えたことで、自分と向き合い、どのような演奏をしたいのかを考える習慣も身につきました。

音楽学科4年/管弦打楽器演奏家課程
堂森 洋輝さん( 松陽高等学校出身)

私は音楽教室のサクソフォン講師になりたいので、演奏技術や音楽の知識だけでなく、指導法も学んでいます。また、様々なジャンルの音楽を好きな人に教えられるよう、クラシック以外の音楽も積極的に聴くようにしており、ジャズピアニストの方から学ぶ機会などを通して自分の音楽理解の幅・演奏の幅を広げています。

音楽学科3年/作曲コース
佐藤 良志乃さん( 明桜館高等学校出身)

これまで学んできた中で特におもしろいと思ったことは「音楽の教育」についてです。教職の授業を通して「なぜ学校教育に音楽の授業があるのか」を考えるようになり、音楽や教育の本質的な意味にとても興味を感じました。まだ音楽教師になると決めたわけではありませんが、教員免許を取得しようと考えています。

音楽学科2年/声楽コース
島中 輝士風さん( 宮崎県 宮崎学園高等学校出身)

音楽史の授業で「西洋音楽はどのように発展してきたのか」「時代ごとの特徴は何か」を学んだことで、楽曲に対する解釈の幅が広がったと思います。また、ハイルマン先生のレッスンで、発声や発音などの技術面と共に先生ならではの音楽への想いや舞台経験も教えていただけたことは、とても大きな刺激になりました。

音楽学科で学ぶこと

「音楽を学ぶ=実技を学ぶ」に留まらず、音楽を深く理解し、表現するための知識を修得することも学びの要点。例えば、Cantabileが「巧みに歌う」という意味であることを正しく理解するために、専攻領域以外の音楽理論や音楽史を学ぶだけでなく、総合大学だからこそ培える教養も養い、様々な角度から音楽的解釈を試みることができるようになります。また、経験豊かな教授陣から学ぶことで「失敗から学ぶ姿勢」も身についていくはずです。

学びのポイント

国際レベルで活躍できる演奏技術を持つ人材、音楽文化の創造と発展に寄与する人材など、優れた音楽人を育成するために、「学生一人ひとりが、学内外において活動する場を持つ」をモットーとしています。学内の音楽教育施設の充実はもちろん、学内外の演奏会も数多く催されるなど、実践的に音楽を学べる環境です。音楽界の第一線で活躍してきた講師から直接学ぶことで、技術・知識と共に意識も高まり、より高度なレベルの音楽人へと成長することができます。

CLOSE UP クローズアップ

学内外で開催される演奏会で経験を積む

音楽学科では器楽コース(ピアノ・管弦打楽器)、声楽コース、作曲コースのすべての学生たちが演奏発表、作品発表の機会をもてるように、学生定期演奏会、吹奏楽定期演奏会、ピアノの祭典、宗教曲コンサート、オペラ公演、卒業演奏会等を開催しています。また、県内外で頻繁に開催されている学生主催コンサート、訪問コンサート、大学イベント演奏等の他に、一般の方々や中高生たちとの共演もあり、多彩な曲目を準備して発表の経験を積むことで、演奏の質の向上を目指しています。

主な演奏会等スケジュール(2019年度参考)

5月 教員定期演奏会
7月 ピアノの祭典
8月・9月 鹿児島国際音楽コンクール(ピアノ・管弦打楽器・声楽部門)
11月 音楽学科吹奏楽演奏会
12月 音楽学科学生定期演奏会
1月 鹿児島こどもヴァイオリンコンクール
2月 ピアノ合同演奏会
3月 音楽学科卒業演奏会
その他 音楽講習会
管弦打楽器&指揮法講座