福祉社会学部

OB・OG Message 卒業生メッセージ

不安な気持ちに寄り添い、 人々の暮らしを支えていく。

勤務先:鹿児島医療生活協同組合 総合病院 鹿児島生協病院

今でもよく覚えている学生時代の学びは、模擬的にソーシャルワーカーを経験した実践的な演習です。相談相手役に接する態度や言葉遣いに気をつけたり、うまくできなかったことを振り返りながら学んでいきました。私は現在、病院勤務の医療ソーシャルワーカーとして、支援が必要な方に向けた社会保障制度活用の提案や自宅で生活することが困難になった高齢者の入所施設探しなど、主に相談業務を担当しているので、まさに当時の経験が今の仕事のスタート地点だったように感じています。

Advice from OG

たとえ小さくても構わないので、何か目標を持って学生生活を過ごしてほしいです。目標に向かって学び、いろんな経験をすることで、自分だけの素敵な4年間が送れると思います。

教えることは学ぶこと。 私自身も成長する日々です。

勤務先:薩摩川内市立平佐西小学校

小学校教諭3年目は、6年生を受け持ちました。授業中はけじめをつけてしっかりと勉強を教え、昼休みには子どもたちと一緒に遊ぶことを心がけ、メリハリのある日々を送っています。教師になることは小学生の頃からの夢だったので、在学中に教育実習やゼミ活動で教育現場を体験できたときは、夢に近づいている実感があり、学びにより積極的になれましたね。教師は、子どもたちに教える中で自分も学び成長できる素晴らしい仕事。「教学一如」をモットーに、これからも子どもたちと向き合っていきたいです。

Advice from OB

在学中に目標に向かい続けられたのも、教員採用試験に合格できたのも、先生や友人の支えがあったからこそ。みなさんも人との出会いを大切に、充実した4年間を過ごしてください!

学生時代に学んだこと、 経験したことのすべてが いつか役に立ちます。

勤務先:認定こども園 うちの幼稚園

児童学科のカリキュラムでは幼児教育の基礎をしっかりと学ぶことができ、実技の授業で身につくスキルも現場で役立つものばかりです。私自身、在学中に修得した表現あそびを今でも教室で実践していますし、模擬授業で得た経験は幼稚園教諭として働き始めた当時の私の自信にもなりました。私は実習先の園にそのまま就職したので就職活動の苦労話はないのですが、苦手だったピアノの自主練習に毎日励んだことは、今となってはいい思い出です。これまで1 5 0 人ほどの園児たちの成長を見守ってきましたが、できないことができるようになったときの子どもの笑顔は、いつも私に仕事へのやりがいを感じさせてくれます。これからも一人でも多くの子どもたちの成長を見届けたいですね。

Advice from OG

共に過ごす仲間たちから刺激を受け、毎日を大切に学生生活を送ってください。

失敗したっていいから まずはやってみること。 その先には必ず成長がある。

勤務先:社会福祉法人 建昌福祉会 地域密着型 特別養護老人ホーム さざんか園

私は教育・心理のコースを選択していたのですが、ゼミの担当教授の奨めもあり、介護職に興味を持ちました。「失敗したっていい。失敗してこそ身につくものもある」という先生の教えが印象的で、そういう心構えで日々の仕事に取り組んでいます。現在は要介護度3から5程度の方々の介助を行っています。老人ホームに入所した頃はみなさん落ち着きがなかったり不安そうにされていますが、日が経つにつれて私たち職員に心を開いてくださり、笑顔で一日を過ごしてもらえるようになると、この仕事のやりがいと誇りを感じられますね。だから私自身、今の職場でもっと介護の知識とスキルを高めて、ホームのみなさんとご家族、そして同僚からも信頼される介護者になりたいです。

Advice from OB

大学は4年間かけて成長する場ですから、とにかく積極的にチャレンジしてください。

たくさんの人と関わることで、人間性の幅も広がると思います。

勤務先:鹿児島県国民健康保険団体連合会

現在の勤務先である「国保連合会」という名前は、介護保険の講義の中で少し耳にしたくらいで、どういうことをしている団体なのかはほとんど知りませんでした。簡単に説明すると、病院などの保険医療機関から届く診療報酬明細書の審査を行う「保険診療を支える法人」といった感じでしょうか。就職活動の中でその名前を偶然知り、他社と同じように企業研究する上で興味を持つようになりました。学生時代は卓球部に所属し、九州大会や全国大会に出場するほど卓球に夢中でしたね。今の仕事に直接は関係していないかもしれませんが、大学の垣根を超えた人脈の中でたくさんの人と交流していたので、「いろんな人と関わった」という経験が「いろんな人と話す」という仕事にもつながっている気がします。

Advice from OB

高校と違って大学では、自分で学ぶ授業を選択しながら毎日の生活を組み立てることができます。だからチャレンジも成長も自分次第。ぜひいろんなことに取り組んでもらいたいですね。

続ければ続けるほど、保育という仕事は楽しくなる。

勤務先:鹿児島幼稚園

もともと教育関係の仕事に興味があり児童学科で学んでいたのですが、幼稚園教諭を目指したきっかけは教育実習でした。実際に子どもたちとふれあうことで「この仕事がしたい!」と強く思ったことを覚えています。幼稚園で働く今になって思うことは、大学の教室で受ける講義内容は保育者の基本としてもちろん大切ですが、現場でより役立つことは実技の授業で学んだこと。学生時代に習得した表現あそびやミニゲームは、今でも子どもたち相手に実践しています。子どもたちと一緒に遊んで学んで、そしてわたし自身も新たな発見をして。園児の成長を見守りながら、わたしも日々成長している気がしますね。また、保護者の方とのコミュニケーションも仕事の一部。大切なわが子を安心して園に預けてもらえるよう、教育者・保育者としての自覚を忘れないようにしたいです。

Advice from OG

児童学科では、先生や保育士といった自分と同じ目標を持つたくさんの仲間と出会えます。大学の友だちは、一生の友だち!自分の夢と友だちを大切に、頑張ってください。

福祉はやりがいある仕事。
正しく深く学ぶことで、自分の意識も変化します。

勤務先:社会福祉法人敬和会 知覧育成園

わたしにとって大学生活での大きな経験のひとつに、サークル活動があります。知的障がい者の方と一緒に創作活動や外出をするボランティアサークル「そよかぜ」に所属し、たくさんの人とふれあいました。やはり当初は「怖い」と思うこともありましたが、経験を積み、理解が深まることで、むしろ「楽しい」と感じるようになっていきましたね。そういった方々と関わる時間が長くなればなるほど「この人たちの笑顔が見たい」と思うようになり、生活支援員という仕事を目指すようになったんです。現在は、主に知的障がいや精神障がいを抱える方の支援を行っています。それまで出来なかったことが少しずつできるようになり、硬い表情が笑顔になっていく様子を見られるのは、この上ない喜びですね。

Advice from OB

興味のあることをとことん追求し、 充実した大学生活を送ってください!

ゼミや教育実習、ボランティア。教育現場で学んだ経験が、私の将来を決定づけました。

勤務先:薩摩川内市立亀山小学校

子どもの成長を見守る仕事をしたいと思い児童学科を志望し、小学校への学習支援ボランティアや教育実習を経験したことで明確に「小学校の教師になりたい」と思うようになりました。在学中の印象的な思い出は、ゼミ活動の一環で行っていた小学校との交流活動です。教室で実際に授業をさせていただいたり、子どもたちや地域の方々と一緒に運動会をしたり、学生でありながら初等教育の現場を体験させていただく貴重な機会になりました。また、児童学科のカリキュラムで幼児教育について学んだことも決して無駄ではなく、歌あそびや手あそび、レクリエーションなどは、小学校教育でもしっかりと役立っていますね。大学で学んだことは、すべていつか活きてくる。わたしはそう実感しています。

Advice from OG

先生方や友人の力は借りていいと思う。夢実現のために精一杯頑張ってください!