今年度のプロジェクト

令和2年度は、「鹿児島における観光資源の創出に関する理論的・実践的研究」をテーマに、6名の所員による共同研究を行います。各所員が以下のサブテーマに関する研究を行い、提言を行っていきます。

プロジェクト代表 大西 智和
プロジェクトメンバー 大西智和、丸山政行、西宏樹、茶屋道拓哉、深田忠徳、武藤那賀子

 

鹿児島の文化財を活用した観光資源創出に関する研究

国際文化学部 教授
大西智和
研究目的

2019年4月には文化財保護法の一部を改正する法律が施行され、文化財の保護・保存から、観光への活用やインバウンドを重視する方向性が示された。もちろん、国民共有の資産である文化財を様々な形で活用することは必要なことではある。しかし、文化財(遺跡を含む)の活用には、文化財の保護が必須の条件となる。本研究では、そのような視点に基づいて、鹿児島を対象とし文化財の保護と活用を図った、持続可能な観光資源としての提案を目指す。また、日置市との包括連携協定に基づく連携事業(日置市吹上歴史民俗資料館の活性化)への取り組みの一環として行うことも視野に入れているため、吹上歴史民俗資料館や日置市内の遺跡についても取り扱い、日置市の地域振興・観光振興に寄与することも目的としたい。

地域創生DMOの組織のあり方について

経済学部 教授
丸山政行
研究目的

鹿児島の観光等により、地域創生を目指す。鹿児島のポテンシャルを模索する。特に、受入れ側であるDMOの形態の模索、住民意識と域外との違いなどを調査しDMO、観光協会のあり方、予算確保手法や他DMOとの協力、基礎自治体との協力関係をどうすれば築くことができるかを研究の目的とする。鹿児島県内でも、県民を隔てるものが、どこにあるのかを模索して、共同・協力あり方について考察を行う。また、鹿児島県以外の内外の観光により地域創生の検討を行い、観光資源を発掘する。

串木野商店街の現状と課題

経済学部 准教授
西宏樹
【研究目的】

鹿児島県いちき串木野市内のJR串木野駅の近辺には、中央通り商店街、ぴらーど浜町商店街、ハロー通り商店街等、複数の商店街が密集している(以下、串木野商店街)。この串木野商店街は、空き店舗が点在しており、残念ながら「シャッター商店街」と化している。市内の中心駅であるJR串木野駅の近辺および地元高校の通学路に位置しているにもかかわらず、串木野商店街がその優位性を充分に活かせていないのは何故なのか。そこで、本研究では、現地視察や消費者アンケート調査等を行い、串木野商店街の現状と課題を明確化することで、同商店街活性化(観光地化)への鍵を得ることにしたい。

鹿児島における“地域共生ツーリズム”創出に向けた探索的研究

福祉社会学部 准教授
茶屋道拓哉
研究目的

「社会福祉×観光」という視点で考えるとき、ふたつの方法論が考えられる。ひとつは、高齢者や障害者を含め、多くの人にとって魅力的でかつ安心して観光をするための方法=ユニバーサルツーリズムという視点である。もう一つは、社会福祉や地域共生社会の実現のために活動している地域や法人の“強み”を再発見・集約し、そこから学び、ふれあい、観光とセットにすることを探る考え方である。本研究では、この後者の考え方らから接近していきたいと考える。全国的にみると、例えば北海道浦河の「べてるの家」の取り組みなどから地域共生とツーリズムを重ねた取り組みを学ぶこともできる。また、鹿児島県においても、様々な地域共生社会の実現に向けた取り組みが散見される(例:鹿屋市串良町柳谷地区、通称:やねだん)。そこで、本研究では、鹿児島県内における地域共生社会に向けた様々な取り組みを行っている地域・事業所(法人等)を機縁法等を用いて探索(フィールドワーク・掘り起こし)し、スタディツーリズムとしての設定が可能かどうか、多角的に検証を行い、最終的には鹿児島県の“地域共生ツーリズム”を提案出来るようにする。このことで、鹿児島県の地域共生に向けた取り組みが再評価され、一連の成果を基軸としたスタディツーリズムが確立されれば地域共生・地方創生に寄与できるものと考える。

スポーツツーリズムに着目して

福祉社会学部 准教授
深田忠徳
研究目的

〇観光庁(国土交通省)は、2011(平成23)年に「スポーツツーリズム推進基本方針~スポーツで旅を楽しむ国・ニッポン~」を策定した。その骨子は、「1.スポーツとツーリズムの融合で目指すべき姿」として①より豊かなニッポン観光の創造、②スポーツとツーリズムの更なる融合、「2.スポーツツーリズムに期待する効果」「3.スポーツを活用した観光まちづくり」である。スポーツツーリズムは、スポーツを通して、日本が有する自然や文化を外国人旅行者へアピールしていくことのみならず、国内旅行の消費を拡大していくことやそれに伴う地域雇用を創出していくことにも貢献できると考えられる。

〇鹿児島県は、平成30年度スポーツキャンプ・合宿を鹿児島県内で行った県外者は、延べ152,536名(前年度比5.4%増、7879名増)、団体数は1,308団体(前年度比2.7%増、35団体増)と過去最高の記録を更新した(鹿児島県文化スポーツ局スポーツ振興課,「平成30年度鹿児島県スポーツキャンプ・合宿状況調査結果」2019年10月)。スポーツ施設の拡充・整備や自治体の誘致活動及び鹿児島特有の温暖な気候が参加者増加につながっている。また、鹿児島県では東京オリンピック・パラリンピックやワールドカップ2019の事前合宿地として鹿児島市(南アフリカ・ラグビー)、鹿屋市(タイ・バレーボール)、大崎町(台湾、トリニダード・トバコ・陸上競技)が誘致している。

〇そこで、本研究では、外国ナショナルチームのキャンプ地として誘致する各自治体の具体的な取り組みや民間や地域との協同、対象国との交流などをインタビュー調査によって明らかにする。そこで得られた知見をもとにスポーツキャンプ誘致において高まりを見せつつある鹿児島県の観光資源をスポーツ分野から考察する。

玉里文庫本『古筆源氏物語』の調査と旧島津氏玉里邸庭園

国際文化学部 講師
武藤那賀子
研究目的

旧島津氏玉里邸庭園は、日本国指定名勝である。しかし、市バスの路線廃止やただでさえ少ないバスの本数減少により、2020年度から、アクセスしづらい場所となる。そもそも、この庭園は、島津業興が築庭したこと、その子息島津久光が国葬にされるときに作られた門が有名である。現在公開されているのは下御庭のみでる。上御庭は鹿児島女子高高等学校の敷地内にあり、年に数回、公開しているのみである。また、庭園内には休憩スペースがなく、庭園のパンフレットも簡易的なものであり、人が来園していることはあまりない。本研究は、かつて、この庭園にあったとされる書物群から、鹿児島大学に移された玉里文庫本に着眼する。中でも、『古筆源氏物語』の調査を行なう。『古筆源氏物語』は、先行研究において近衛家から伝授されたものとされているが、この説には根拠がない。玉里邸にあった当該本を、来歴を含めて調査をすることで、旧島津氏玉里邸庭園への興味関心を増やす縁にしたい。