今年度のプロジェクト

令和4年度は、「経済・文化からみた酒と鹿児島」をテーマに、6名の所員による共同研究を行います。各所員が以下のサブテーマに関する研究を行い、提言を行っていきます。

プロジェクト代表 大西 智和
プロジェクトメンバー 大西 智和、池田亮一、平出 宜勝、福田 正彦、脇 正一、武藤那賀子

 

鹿児島における焼酎の歴史と酒を活かした地域活性化の創出に関する研究

国際文化学部 教授
大西 智和
研究目的

鹿児島における「焼酎」の文字は,伊佐市郡山八幡神社本殿の落書きに記されたもので,その年代は1559年にまでさかのぼる。日本酒については米作りの開始とセットで捉えられることから,なお古くから作り始められたはずであり,鹿児島における酒造りの歴史は長いといえる。研究を進めるにあたって,長い歴史を有する鹿児島における酒の歴史を,考古学的な手法を中心に,必要に応じて文献史,民俗学的な手法も援用して,把握することから開始する。まずは本土における焼酎造りの歴史から始めたい。さらには,黒糖焼酎の歴史にまで広げるつもりである。 

次に,酒の歴史や酒に関わる文化に注目した,地域活性化や観光に関する,文献や施設を調査し,その取り組みを詳細に把握し整理する。これらの情報を基に,酒の歴史・酒に関わる文化を活かした地域活性化や,さらに一定エリアの歴史・文化・生業・未来への取り組みなどをナラティブとし,それを実践する史跡や文化財,諸施設から構成される着地型観光プランの提案を行いたい。

あわせて,鹿児島の酒のブランド化を目指す研究および試みを,共同研究という形で取り組みたい。

産業連関表を用いた製酒,飲食業の分析

経済学部 准教授
池田 亮一
研究目的

鹿児島県の基幹産業とされる観光業に密着した飲食業、製酒業の分析を行う。共同研究の予算を用いて,鹿児島市の産業連関表(地域循環データ)を用いた分析を行っているところであるが,部門数が40部門程度と粗く、さらに精度の高い産業連関表の作成が要請される。

そこで,鹿児島市,できれば奄美市の産業連関表を自ら作成しようと考える。鹿児島市産業連関表は,大久保・石塚(2009)の研究があるが,産業連関表自体は公表されていない。作成方法は公表されているので,新たに作成することも面白い。さらに,アンケート(学生を引率した街頭アンケートか,インターネットアンケートかは未定)をも検討している。そこで,鹿児島に観光に来る観光客が焼酎や鹿児島の料理を食べることの経済効果を分析したい。

貿易協定が鹿児島県の酒類需要に与える影響

経済学部 講師
平出 宜勝
【研究目的】

本研究の目的は,鹿児島県の酒類の需要構造を明らかにすること,また日本国による貿易自由化がその需要構造にどのような影響を与えるかについて実証分析を通し明らかにすることである。

これまで日本国政府は経済連携の強化を目指し,経済連携協定(EPAまたはFTA)を各国と締結してきた。こうした貿易自由化により一般的には「国内から海外への輸出増加による売上増加」と「海外からの輸入増による国内競争激化」という2つの力が働くと考えられる。教科書的な国際貿易の理論では,貿易自由化により労働や資本が縮小部門から拡大部門へ移動し,その国全体として考えると貿易の利益がもたらされると考えられてきた。しかしながら,国全体ではなく地域経済に焦点を当てた場合はどうだろうか。地域経済にはその地域特有の労働環境や資本状況などが存在し,必ずしも貿易自由化がその地域経済に貢献するとは限らない。

鹿児島県の酒類が貿易自由化から受ける影響も例外ではなく,貿易自由化により「海外への新たな販路獲得の可能性」と「海外からの輸入商品との競争」という2つの力が働くと考えられる。しかしながら,最終的に貿易自由化が鹿児島の酒類需要増加に寄与するかどうかを知るには実証的な分析が必要になる。そこで本研究では,鹿児島県の酒類需要が経済連携協定締結によりどのような影響を受けるのかを実証分析を通じて調査を行う。これにより鹿児島県で生産される酒類に対する需要をより正確に把握することが可能になる。

焼酎のブランド戦略、焼酎のツーリズム

経済学部 特任准教授
福田 正彦
研究目的

全体の研究目的は,「酒と鹿児島」の新たな関係性を見出しあるいは提唱し,さらに地域の活性化に役立てることを目指すことである。小職は,次の観点からこれに取り組む。

1)ツーリズムとの一体化
2)ブランド

 1)については酒を鹿児島のツーリズムのなかでどう位置づけていくかを提唱したい。小職は鹿児島中央駅の近くに住んでほぼ5年経つが,焼酎の蔵を見学するツアーを目にしたことがほとんどない。霧島方面への一日バスツアーも黒酢の里はあっても焼酎の蔵は含まれていない。まして蔵を巡るバスもない。ツアーとして組み込まれていないと感じている。

 2)については,小職の研究テーマが「ブランドと企業業績」であったことから,ブランド化が適切に行われれば販売量,価格などが上昇することを認識している。「薩摩焼酎」としてのブランド化が弱いのではないかと感じている。さらに,ブランドについては,情緒面でのブランド化を強化するために大西先生や武藤先生との共同研究(焼酎の歴史や文化をブランド化に生かす)も視野に入れている。

焼酎文化を活用した学校教育に関する研究-「社会に開かれた教育課程」の調査事例を中心に-

福祉社会学部 特任准教授
脇 正一
研究目的

鹿児島県の代表的な特産品である焼酎は,蔵元が100以上存在し全県的に分布している。これらの蔵元では,歴史的に地域と深く関わってきたことから,本県独自の「焼酎文化」を形成している。一方,本県の学校教育に目を向けると,小・中学校合わせて700校以上が県内に点在し,各地域の特性を生かした教育を展開してきた。一見「焼酎文化」と「学校教育」は無縁なように見えるが,県下では焼酎文化を活用した魅力的な教育活動を展開している小・中学校が存在する。

本研究では,焼酎文化を形成する農業,伝統的な製造方法,販売,地域との関わり等,様々な要素と学校教育との関係に焦点を当てて調査・研究を進め,学校教育における「焼酎文化」の活用の在り方を見出し,新学習指導要領に示された「社会に開かれた教育課程」の編成に役立てるとともに,学校教育を通して地域の活性化につなげることを目指す。

薩摩の酒文化―焼酎の歴史と文化との関わり

国際文化学部 准教授
武藤那賀子
研究目的

若者のアルコール離れ,若者の車離れが言われるようになって久しい。とくに首都圏の若者は運転免許も持っていないことが珍しくない。そもそも,飲酒をした場合,運転はできない。こういった背景がある一方で,酒造はアクセスの良くないところにあることが多い。車文化である鹿児島において,いかに車を使用せずに酒造巡りを一般化するのかというのが課題としてあろう。

また,鹿児島には110ほどの酒造があり,1500種ほどの焼酎があるとされているが,よほど詳しくない限り,どれも同じに見えてしまうという問題がある。さらに,「焼酎は鹿児島の文化」であるとされるわりにその歴史を詳細に記したものはほぼない。

これらの問題を解決するべく,以下の改善点を提唱する。
1.焼酎蔵のバスツアーの実施と提案
2.電車を使用して行ける酒造蔵の日帰りモデルコース作成
3.「文化」という言葉の定義の再確認と焼酎の位置づけ
4.焼酎の文化の再確認