地域連携・研究 TOPICS

2021.02.20

地域総合研究所

西准教授 串木野商店街研究の中間報告会を現地で開催

JR串木野駅の近辺に位置する各商店(串木野商店街)の活性化に向けて、調査活動を行っている経済学部経営学科の西宏樹准教授(地域総合研究所併任所員)が、2月6日にいちき串木野商工会議所で中間報告会を開催しました。

 はじめに、西准教授による消費者アンケート調査の結果報告が行われ、その後、ゼミ生による串木野商店街の活性化に向けた提言がありました。最後に、同学科の里園清孝教授や青木康一教授、店主らを交えたディスカッションが行われ、終始活発な研究会となりました。

 主催者の西准教授は「規模縮小・時間短縮という形での研究会となったが、現地の方々と意見を直接交わすことができた。今後もマーケティングの重要性を伝えていきたい」と述べています。