IUK NEWS

2022.06.23

音楽

卒業生の井ノ上綾香さんがピアノ協奏曲ソリストとして客演

加音オーケストラ 第42回定期演奏会

「加音オーケストラ 第42回定期演奏会」が5月29日に加音ホール大ホール(姶良市)で開催され、卒業生の井ノ上綾香さん(短期大学部 専攻科 音楽演奏専攻  2010年3月修了)がベートーヴェン作曲《ピアノ協奏曲第5番「皇帝」》のピアノ独奏を務めました。オーケストラが奏でる多彩な表情を背景に、確かな技巧と豊かな表現力で格調高い音楽を築き上げていきました。指揮は音楽学科非常勤講師の石井宏明先生(ヴァイオリン)で、モーツァルト《フィガロの結婚「序曲」》、同《交響曲第31番「パリ」》とともに上演し、会場中から盛んな拍手が贈られました。

井ノ上さんは第20回南日本ジュニアピアノコンクール優秀賞、第54回南日本音楽コンクール優秀賞、第19回九州音楽コンクール最優秀賞およびスタインウェイ賞を受賞するなど、早くから高い評価を得てきたピアニスト。現在は鹿児島県文化振興財団アーティストバンク登録アーティストとして演奏活動を展開するとともに、鹿児島純心女子短期大学非常勤講師として後進の指導にもあたっています。「リハーサルのたびに自分の演奏に凹み、焦り、できる限りの練習を重ねたが、その過程が多くの学びとなった。先生方や先輩方、友人・仲間、生徒さん、両親や親戚など、たくさんの方々が応援に駆けつけてくださり心強かった。かけがえのない機会を頂けたことに感謝し、今回の経験を糧として、また新たな気持ちで取り組んでいきたい」と振り返ってくれました。

ご盛況、ご成功、誠におめでとうございました。ますますのご活躍をお祈りします。