IUK NEWS

2022.01.04

国際交流

留学生会企画による日本語研修会開催!

12月9日(木)、本学日本人学生と外国人留学生による「2021年度 日本語研修会」初回が開催され、日本人学生8名、外国人留学生9名と教員1名が参加しました。

当日の研修会では、まず本学留学生会会長の蒋一鳴さん(国際文化研究科・博士後期課程1年) から日本語研修会の内容紹介があり、企画内容や日本語サロンに関する説明等が行われ、留学生会部長の松尾弘徳准教授(国際文化学部教員)から今後の勉強内容などの説明が行われました。

引き続いて日本語の敬語に関する学習会が実施され、教員による日本語の敬語のしくみの説明後に、参加者は敬語についての練習問題に取り組みました。練習問題を解く際には、日本人学生と留学生一名ずつ「日本語支援・交流ペア」を組み、お互いに問題の確認をすることで、日本語の勉強はもちろん交流も盛り上がりました。勉強会後には、レクレーションタイムが設けられ、楽しくジェスチャーゲームで遊び、予想以上の盛り上がりを見せました。

参加した日本語教員志望の吉永真代さん(国際文化学科4年=武岡台高校出身)は「今日の研修会はとても楽しく過ごせた。松尾先生による敬語の授業も、留学生とも交流ができ、さらに敬語の重要さを改めて再確認できた。最後のレクレーションもみんなに楽しんでもらえたのでよかった」と話しました。

留学生たちからは、「今日の日本語研修会に参加して多くのことを学んで、敬語表現についても改めて理解できた。これからもこのようなイベントに参加したい」(経済学研究科・博士後期課程3年生)、「松尾先生と留学生会が協力して行う授業は、気軽に先生や先輩に相談することができる。この研修会を通して新しい目標のために一緒に努力したい!」(国際文化学科3年生)、「今日の日本語研修会は楽しかった。日本人の学生との交流も、松尾先生が教えてくださった敬語も、最後のゲームもとても楽しかった。日本語研修会は大変勉強になり、今後の研修会を楽しみにしている」(経済学科3年生)といった感想が寄せられ、真剣に学び、そして楽しく国際交流ができた今回の研修会は学生にとってたいへん有意義なものになりました。

今年度中にはあと2回の日本語研修会が企画されています。
研修会に興味のある本学学生は、松尾弘徳国際文化学部准教授(matsuo@int.iuk.ac.jp)までお問い合わせください。