IUK NEWS

2021.11.09

経済学部

経営学科・中西ゼミ、開発商品の学内/学外販売会を開催

11月6日(土)、経営学科の中西ゼミが、 同ゼミがフードコーディネーターの大脇裕美氏の監修により開発した「野菜をそのまま。ミネストローネ」と「野菜にそのまま、野菜炒めのたれ」の学外販売会を天文館のセレクトショップ「ゆめりあ」で開催しました。

当日はあいにくの雨模様にも関わらず、多くのお客様が会場を訪問。中西ゼミ生は、日ごろの活動を通して得た経験や前日の11月5日(金)に本学ユーカリ会館入口で開催された学内販売会で得た知見を基にチラシ配布や商品説明を工夫。その結果、ミネストローネ41個、野菜炒めのたれ50本(完売)を販売することができました。学内販売会と合わせれば、前者94個、後者119本、総販売個数は213個(前者94個、後者119本)に達します。

中西ゼミ2年の佐伯好香さんは「お客様と接してみて、学内販売会とお客様の特性が異なると感じたので、説明内容を少し変えてみた。そうしたら、手にしてくれる回数が増えた。とても学びがあったし、何よりもお客様に喜んでもらえてよかった」と語っています。今回の売上はまさに中西ゼミ生の努力の賜物と言えるでしょう。

ちなみに、学外販売会は県立山川高校の販売会と同時開催。隣り合った売り場で中西ゼミ生と同校の生徒さんが会話する姿が時折見られ、とても良い販売会となりました。