IUK NEWS

2020.12.23

福祉社会学部

児童学科の学生らが坂之上の清掃活動を実施

 12月20日(日)の午後、鹿児島国際大学児童学科の児童学会運営委員会の学生9名が、JR坂之上駅と坂之上の街頭の清掃活動を行いました。

 児童学会運営委員会では、例年はスポーツ交流会や卒業を祝う会など様々な学科行事を開催していますが、新型コロナウイルスの影響で昨年度末からほとんどの行事が中止となっています。そこでいわゆる3密を避けつつも、何か皆のためになる活動ができないかと学生たちが考え、企画したのが今回の坂之上清掃活動です。当日はまずJR坂之上駅の職員に挨拶をした後、駅構内の清掃グループと街頭のゴミ拾いグループに分かれて、寒い日曜の昼下がりでしたが約1時間半の清掃活動を実施しました。

 今回の活動の発案者であり、企画代表を務めた田之畑憲史さん(児童学科3年)は、「日常で使わせていただいている、坂之上への感謝の気持ちを清掃活動という形で表すことができたと思う。今後もこのような活動を継続し、地域との繋がりを大切にしていきたい」と語りました。