IUK NEWS

2021.05.28

国際文化学部

内山ゼミと鹿児島情報高校が連携し、地元の地域活性化策を提案

 国際文化学科の内山仁准教授(教育学)のゼミでは、鹿児島情報高校と地元の「谷山ふるさとコミュニティ協議会」と連携し、同協議会内に設置することになった組織「ユースミーティング谷山」のキックオフミーティングを、5月21日に鹿児島情報高校で開催しました。

 この取り組みは、若者に主体的にまちづくりに参画してもらい、多様な視点による地域資源の掘り起こしや若者のアイデアを活用するなどし、地域の課題を解決することを目的に実施。コロナ禍対策として内山ゼミ生23名のうち約半数と、高校2年生29名のうち数名がオンラインで参加し、高校生が事前に考えた地域活性化案を大学生とグループごとに意見交換しブラッシュアップしました。

 参加した学生からは、「高校生がすでに様々な地域活動を行っていることに驚いた。高齢者と若者がオンラインで一緒にラジオ体操をする企画はおもしろそう」や「飲食店のポスターやまちのガイドブックを作り、写真や動画に映えるスポットも紹介したい」などの意見が出されました。

 今後も鹿児島情報高校と連携して、地域の活性化に向けて提言を行う予定です。