鹿児島国際大学

校歌(テキスト版)

土井 晩翠 作詞

大南洲を産みなせる
こヽ薩南の美し郷
波のあなたに桜島
雲のかなたに高千穂を
眺むる郷に我が母校

庭に聳ゆるユーカリ樹
ゆかりも嬉し海の外
学びの窓のあけくれに
士魂商才鍛えあげ
やがての雄飛心せむ

「天を敬い人を愛ず」
その筆跡を城山に
留めし偉人また歌ふ
「雪に耐へては梅の花
霜に染みては紅葉よ」と

不朽の言葉青春の
盛の今に胸にして
日々向上の道の上に
進め進まんあヽ健児
励め励まんあヽ健児

学生歌

末吉 理恵子 作詞

上原 千縁 作曲

はるの風さわやかに
おかをかけぬけるころ
わたしたちの新たな
人生の旅がスタート
大空をわたる雲のように
早く走ることはできないけれど
たくさんの試練のうずまく
青春のひとこまを
一歩一歩手を取り合って
歩いてゆきたい

笑い声高らかに
校庭に響きわたり
やわらかな心の
ふれあいが芽ばえてくる
果てしなく広がる波のように
まっすぐに進むことは
できないけれど
何よりも大事な我らの
青春の一こまを
回り道でも手をとり合って
歩いてゆきたい

若き決意我が胸に
満ちあふれる時
限りなき新たな
人生に夢をはせる
地図のないこれからの道を
立ち止まらず進むことは
できなくとも
終りなき我らの
人生という航海を
いつまでも手をとり合って
歩いてゆきたい

トップに
戻る