鹿児島国際大学

学生支援に関する方針

学生支援に関する基本方針

学生一人ひとりが学修に専念し、安定した学生生活を送ることができるよう、大学の基本理念・目的に基づいてキャンパスライフの満足度を高め、人間的成長を促し社会人としての自立に向けた支援を行う。

修学支援に関する方針

  1. 学生の資質・能力に応じた補修・補充教育を充実するとともに、学生の自主的な学習を促進するなどの修学支援を充実する。
  2. 学生の修学状況の把握・分析に努め、関係する各部局と教職員が連携して適切な指導を行う。
  3. 大学独自の各種奨学金制度の充実を図り、定期的に点検し適切に運用する。また、学外の奨学金に関する広報・相談業務を充実する。
  4. 留学生に対し、入学後のスムーズな学修のための多様な支援を行う。
  5. 「障がいのある学生の受入れ及び支援に関する基本方針」に基づき、有償ボランティア制度など障がいのある学生への支援を充実する。

生活支援に関する方針

  1. 学生からの心身の健康や生活上の問題に関する相談に対応し、適切なカウンセリングを行う。
  2. ボランティア活動やサークル活動をはじめ、学生が意欲的に取り組んでいる課外活動を支援し、若者文化としての醸成を促す。
  3. ハラスメントなどの人権侵害の防止に取り組み、健全なキャンパスライフを促進する。
  4. 安全・快適なキャンパスライフを促進するため、学生の視点に立った福利厚生施設等を充実する。

進路支援に関する方針

  1. 学生一人ひとりのキャリア形成を実現するために、国内外インターンシップなどのキャリア教育を充実する。
  2. 各種ガイダンスなど就職活動支援の充実を図るとともに、就職活動支援のツールを活用し就職意識の向上を促す。
  3. 地元雇用を拡大するために、本学の卒業生、同窓会及び本学卒業企業経営者の会との連携を強化する。
  4. 留学生が職業的・社会的役割を果たせるよう適切な進路支援を行う。

鹿児島国際大学の障がいのある学生の受入れ
及び支援に関する基本方針

基本理念

鹿児島国際大学(以下「本学」という。)は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(平成25年法律第65号)に基づき、本学への進学希望者及び本学の学生が障がいの有無によって分け隔てられることなく、相互に人格と個性を尊重し合いながら共に学びあう大学を目指す。

支援対象学生の定義

障がいのある学生とは、本学への進学希望者及び本学に在籍する学生で、身体障がい、知的障がい、精神障がい(発達障がいを含む。)その他の心身の機能の障がいがある者(以下「障がいのある学生」という。)であって、障がい及び社会的障壁等により継続的に教育及び学生生活に相当な制限を受ける状態にあり、本人が支援を受けることを希望し、かつ、その必要性を認められた者をいう。

合理的配慮に基づく支援

本学は、障がいのある学生から現に社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合において、その実施に伴う負担が過重でないときは、障がいのある学生の権利利益を侵害することとならないよう、その障がいの状態に応じて、社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をするよう努める。

支援方針

本学は、基本理念に従い、障がいのある学生に対して以下の方針に基づく支援を行う。

  1. 障がいを理由に受験又は修学を断念することがないよう修学機会の確保に努める。
  2. 権利の主体が学生本人にあることを踏まえ、学生本人の要望に基づいた調整を図るように努める。
  3. 支援の範囲は、入試、授業、試験、課外活動、キャリア形成、就職活動、大学行事への参加など大学教育に関する事項とする。
  4. 情報の保障、コミュニケーション上の配慮、公平な試験、成績評価などにおける配慮や考え方を障がいのある学生及びその保護者等に伝える。
  5. 安全かつ円滑に学生生活を送れるよう、学内のバリアフリー化に努める。

相談窓口及び支援体制

本学は、障がいのある学生及びその保護者等からの相談に的確に応じるために、以下のとおりの相談窓口及び支援体制とする。

(1)相談窓口

  1. 入試・広報課
  2. 学生課(保健室・学生相談室を含む。)
  3. 教務課
  4. 就職キャリアセンター
  5. 学生支援委員会(福祉社会学部)

(2)支援体制

学生ボランティア・障がいのある学生支援連絡会議において、障がいのある学生の支援を円滑かつ適切に行うために、関係する委員会等との連携を図り、全学的に支援を強化する。

情報公開

本学は、障がいのある学生に対する支援方針、相談体制及び支援内容等をホームページ等を通じて広く情報を公開する。

研修及び啓発

本学は、障がいを理由とする差別の解消の推進を図るため、教職員及び学生に対し、必要な研修及び啓発を計画的に行う。

トップに
戻る