鹿児島国際大学

経済学部 経営学科 経営スキルを身につけ、人間性・市民性をそなえたクリエイティブなビジネスパーソンを育成。

在学生
Message

地域活性化について学ぶことで、将来、
自分に何ができるかを模索しています。

牟田 侃龍 さん
経営学科3年
鹿児島高等学校出身

 経済、経営の学びはもちろん、地域づくりや地域活性化 についても学んでいます。学科の学びで、私たちが暮らす 地域について深く考える機会を得ることができました。 好きな授業は、アイリッシュ先生の「地域創生」です。この 授業では、外部から講師を招き、その方がこれまで経験さ れたことを直接聞くことができます。人生の先輩のお話 は、深みや重さがあり、私たち学生が人間的に成長できる 糧となっています。経営学科の多様な授業を受講するこ とで、将来、自分が何をやるべきかを考えるようになりま した。さらに学びを深め、生まれ育った鹿児島に貢献でき る人になりたいと思います。

経営学科とは

 会社や役所、学校、病院、NPO、地域などの運営や管理について明らかにするのが経営学です。例えば、ヒト・モノ・カネ・情報の流れ はどうなっているのか、それらの資源をどう活用すれば組織に関わる労働者や消費者、社会が幸せになるのかを考えます。本来、経営 学は「全てのビジネス・プロフェッショナル」が修めておくべき学問です。この学問を研究・修得する学科が経営学科です。

  • この学科で何を学ぶのか

     組織の運営や管理を学ぶ「組織マネジメント領域」と組織の活動を数 字で見える化する「会計領域」を二本柱として、地域や観光について学 ぶ「地域ビジネス領域」、また、「情報領域」や「法学科目」が学習の脇をか ためます。学科独自の「経営者と語る会」では、生きた知識と人脈を得る ことができます。「外へ出て地域を知ろう」では、地域の産業の実像に触 れることができます。

  • 学びのポイント

     会社へ就職したり、自ら起業したりする学生にとって、経営学を学ぶ ことと職業上のスキルを身に付けることはほぼ同じ意味です。たとえ ば、どのようなマーケットが魅力的であるか、どの企業が適切なマーケ ティング戦略を取り、利益を上げやすいかなどが分かります。また、財 務諸表などの分析をすることにより、就職先企業の収益性・安定性・成 長性などを判断できるようになります。

クローズアップ授業

  • 管理会計論

    企業業績を良くするための内部管理を目的と する管理会計。そのノウハウの基本を学び、学 問に裏付けされたノウハウがいかに企業で実 際に役立つのかを理解し、使用できることを 目指し、起業する場合に作成する事業計画を 発表していきます。

  • マーケティング論

    どのような理由で商品は買われるのでしょう か。価格が安いから?品質が良いから?テレ ビや雑誌で宣伝されているから?企業は、顧 客に商品を買ってもらうために、様々な活動 を行っています。そのような活動の裏にある 基本的な仕組みについて学びます。

  • 鹿児島論

    目的は「地元学」の習得を通じて自らの「鹿児 島論」を語れるようになること。学生がグルー プに分かれてそれぞれのテーマを立て、自分 たちでフィールドに出かけ、計画立案・調査の 実施や成果発表を行います。

  • リポジトリ(研究紀要)
  • アドミッション・ポリシー
トップに
戻る