鹿児島国際大学

海外インターンシップ

「国際感覚」と「突破力」を磨く

 主体性・積極性のあるグローバル人材の育成を目的に、「海外インターンシップ」を実施しています。中国や台湾、韓国、シンガポールなどに学生を派遣。2週間~約1カ月の期間中に、ホテルや商社、メーカー、貿易関連企業などで仕事を体験します。言葉の壁や生活習慣の違いなど、日本とは異なる環境での経験を通して、「最初は不安。でも行動を起こしたことで、不安は自信に変わった」と、学生たちはひと回り成長して帰ってきます。

国際ビジネスとグローバル英語プログラム

英語力強化、TOEIC・TOEFL対策も万全

 カリキュラムの中で、英語力の強化を図っています。基幹科目として「海外インターンシップ」「Global Economy and Business」、スタートアップ科目として「ビジネス英語」や「英文読解の技法」、フォローアップ科目として「和英翻訳ワークショップ」「英語プレゼンテーション・スキルズ」などを配置。国際的な教養としての語学教育はもちろん、TOEICやTOEFLなどの検定対策にも力を入れています。

グローバルキャンパス

学びの身近に留学生

 「国際大学」の名にふさわしく、キャンパスが国際化しています。中国人留学生は鹿児島県内最大であり、留学生と交流するイベントやサークル活動も盛んです。また、一人の留学生に日本人学生一人がついてサポートする「チューター制度」があり、留学生とマンツーマンで接することで、お互 いの言葉や文化を日常レベルで学び感じあえる機会が身近にあります。本学では留学生と学ぶことや国際交流が決して特別ではなく、すでに日常の環境となっています。

留学生が「中国語落語」に挑戦

 留学生が中国語で落語に挑戦する「中国語落語の会」が、2018年1月に学内で開かれました。
日本語をもっと深く理解したいと、数カ月間の落語翻訳や演技の練習を行い、4人の留学 生が「ろくろ首」や「皿屋敷」などの演目を披露しました。

IUK独自の取り組み海外留学 EDUCATION POWER

トップに
戻る