教育開発センター規程

平成18年3月16日制定

(設置)

第1条 鹿児島国際大学および鹿児島国際大学短期大学部(以下「本学」という。)に教育開発センター(以下、「センター」という。)を置く。

(目的と役割)

第2条 センターは、本学における教育開発推進の全面的な責任を担い、第8条に定めるセンター会議の運営、FD(ファカルティ・ディベロップメント)及び教育支援に関わるSD(スタッフ・ディベロップメント)の情報収集や調査、授業展開についての情報提供、授業法について、研修プログラム開発等の支援を目的とする。

(事業内容)

第3条 センターは、前条の目的により、次の事業を行う。

  • (1)教育の質的向上に向けた諸施策の企画・立案及び関連する情報の収集と提供
  • (2)教職員の研修、新任教員講習会、講演会等の企画・実施・支援
  • (3)学生による授業評価アンケートと授業へのフィードバックに関する企画・実施
  • (アンケート結果の集計・分析・評価及びシラバスの改善システム)
  • (4)FDの啓発活動(ニュース、活動報告書等の編集・発行)
  • (5)授業に関する学生の苦情受付、解決に向けての取り組み
  • (6)授業公開についての企画・立案・支援
  • (7)その他、センターの目的達成のために必要な事項

(組織)

センターに、次の職を置く。

  • (1)センター長1名
  • (2)副センター長1名
  • (3)センター員4名
  • (4)ワーキンググループ・メンバー4~8名
  • (5)事務長1名
  • (6)事務職員若干名
  • (7)センター事業協力員 各学科長

前項に加えて、次の職を置くことができる。

  • (1)顧問
  • (2)学外研究員

(センター長)

第5条 センター長は、センターを代表し、センターの業務を統括する。
2 センター長の選出方法については、別に定める。 

(副センター長)

第6条 副センター長は、センター長を補佐し必要に応じて、センター長の職務を代行する。
2 副センター長は、本学専任教員の中からセンター長が選考し、学長に推薦する。
3 副センター長の任期は2年とし、再任を妨げない。

(センター員)

第7条 センター員は、第3条の各号に定める事業に関する業務に従事する。
2 センター員は、短期大学部を含む各学部から1名ずつセンター長が選考し、各教授会の議を経て、学長に推薦する。

3 センター員の任期は2年とし、再任を妨げない。

(センター会議)

第8条 センターに、センター会議を置き、第3条に定めるセンターの行う事業の遂行に関する事項を審議する。
2 センター会議は、センター長・副センター長・センター員及び事務長で構成し、顧問が置かれている場合は、これを加える。また、必要に応じてワーキンググループメンバー、第10条に定めるセンター事業協力員、センター事務職員も会議に加えることができる。

3 センター会議は、センター長が招集し、議長となる。

(ワーキンググループ)

第9条 センターに、第3条に定めるセンター事業の遂行のため、ワーキンググループを設ける。
2 ワーキンググループリーダーは、センター員が兼務する。
3 ワーキンググループメンバーは、学内からセンター長が選考する。

(センター事業協力員)

第10条 センター事業と各学部学科との連携を強めるために、各学科の学科長をセンター協力員として置く。

(規程の改廃)

第11条 この規程の改廃は、大学評議会の承認を得なければならない。

附 則

  • この規程は、平成18年4月1日から施行する。
  • 「鹿児島国際大学FD委員会規程」は廃止する。