地域連携・研究 TOPICS

2020.12.03

産学官地域連携センター

「新聞でコミュ力アップ講座」開講

本学と南日本新聞社の相互連携協定締結の第一弾として企画した、「記者が伝授する『新聞でコミュ力アップ講座』~読む・書く・話す~」が12月2日にスタートしました。多様な分野で豊かな経験と知識をもつ新聞記者を講師に迎え、新聞を教材にしてタイムリーな話題を基に、「読む」「書く」「話す」の3つの観点から、本学学生に実践的な力を伝授してもらうことを目的に、2月までに9回の講座を開講します。

初回の12月2日は、南日本新聞社の読者センター副部長の重畠修一氏が「新聞を読み解こう」をテーマに、紙面構成の解説や読むときのポイントなどを紹介し、「就職すると『できない』言い訳は通用しないことが多い。『どうすればできるか』を提案できるように本講座でコミュニケーション力を高めてほしい」と話しました。