IUK NEWS

2021.04.23

経済学部

経営学科・中西ゼミ2年、食品開発プロジェクト(第4期)が始動!

4月18日(日)、経営学科・中西ゼミ(2年生)において、「食品開発プロジェクト『学生アイデアでかごしま発のヒット商品を創ろう!~かごしまの豊かな地域資源を活かした逸品づくり~』」が今年も始まりました。

このプロジェクトは、経営学科の中西准教授が「基礎演習Ⅰ」の一環として地域の企業や高等教育機関との連携により行っている取り組みで、地元食材を使った食品開発を行うことを通して、学生に地元・鹿児島への関心を深めてもらうことを目的としています。

第4期にあたる今年度は、奄美・徳之島出身のフード・コーディネーター、芝香織さんのご協力により、中西ゼミの2年生13名が「奄美の黒糖を使った“しま”を感じさせる食品」の開発に取り組みます。

4月18日(日)には、取り組みの第1弾として、芝香織さんによる奄美群島の概要と食文化の紹介と、芝さんと毎年このプロジェクトにアドバイザーとしてご協力いただいている『天文館まちの駅“ゆめりあ”』の武田清孝代表との対談を行い、中西ゼミ生に奄美に対するイメージを形成してもらいました。

この日、授業の最後に芝さんから提示されたコンセプトはもちろん奄美ならではのものですが、中西ゼミ生はみんな、奄美に縁もゆかりもなければ、訪問したことすらない子たちです。そんな彼らが奄美をテーマにどんな食品を生み出すのか本当に楽しみです。

◆ 食品開発プロジェクト(第4期)
 連  携:芝 香織さん(フード・コーディネーター)
 アドバイザー:武田 清孝さん(天文館まちの駅“ゆめりあ”代表)
 販売協力:紀伊國屋書店