児童学科

カリキュラム

 

1年次

2年次

3年次

4年次

学科基本科目

必修

  • 総合講義「子ども学」
  • 子どもの育ちと文化
  • 子どもの人権と福祉
  • 鹿児島の教育

 

 

履修指定

  • 自己表現法
  • 基礎実習
  • 保育基礎実習
 

 

演習(履修指定)

 

 

 
  • 演習Ⅰ・Ⅱ
  • 演習Ⅲ
  • 演習Ⅳ(卒業研究含む)

選択

  • 小学校教育基礎Ⅰ
  • 小学校教育基礎Ⅱ
     

子どもと福祉に関する科目

社会福祉全般から児童福祉、障がい者福祉まで幅広く学びます。主に保育士資格関連の科目です。

  • 保育原理
  • 保育者論
  • 社会福祉
  • 子ども家庭支援論
  • 手話
  • 点字
  • ボランティア論
  • 障がい児保育
  • 子ども家庭福祉Ⅰ・Ⅱ
  • 社会的養護
  • 子どもの保健
  • 子どもの健康と安全
  • 子どもの食と栄養
  • 乳児保育Ⅰ
  • 社会的養護内容
  • 乳児保育Ⅱ
  • 保育実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 幼児理解と教育相談
  • 障がい者福祉
  • 保育実習指導Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • 保育実践演習

子どもと教育に関する科目

教育についての基礎科目から、小学校の全科目や各教科等の教育法まで、将来、特に小学校教諭になろうとする人にとって欠かせない科目です。

  • 教育原理
  • 学校の制度・教育課程編成論
  • 子どもと情報教育
  • 教育史
  • 教育臨床
  • 生涯学習と子ども
  • 教職入門
  • 生活指導・進路指導
  • 初等教育方法Ⅰ
  • 教科教育法
  • 初等教育方法Ⅱ
  • 教育福祉論
  • 英語教育の指導法
  • 特別支援教育論
  • 児童理解と教育相談
  • 道徳教育の指導法
  • 離島教育の理解と体験的活動
  • 特別活動・総合的な学習の時間
  • 教育実習A-B
  • 教職実践演習(幼・小)

幼児の教育に関する科目

幼児教育・保育のカリキュラムや指導法に関する科目です。保育指導案の書き方の学習や模擬保育の実践などを含め、幼稚園教諭や保育士をめざすうえでの実践的な学びを取り入れた内容となっています。

 
  • 保育指導法(健康、表現Ⅰ・Ⅱ、言葉、環境、人間関係)
  • 教育課程論(保育の計画と評価を含む)
  • 幼児教育方法
  • 保育指導法特別研究

 

子どもと心理に関する科目

さまざまな場面や環境にそった心理学関係の科目を学びます。主に児童教育や児童福祉の分野で必要とされる科目です。

  • 保育の心理学
  • 子ども家庭の心理学
  • 臨床心理学
  • 教育心理学
  • 精神保健
  • 子どもの理解と援助
  • 行動観察演習

 

子どもと表現文化に関する科目

子どもに関わる文化や芸術について学びます。実践的な力を養うため、ほとんどが実技科目です。特にピアノは、少人数によるグループ又は個人レッスン形式となっています。

  • 音楽入門
  • ピアノ初級
  • ピアノⅠ・Ⅱ
  • 書道
  • 子どもの歌とあそび
  • 児童文学
  • 絵画
  • 立体造形
  • ピアノ伴奏法
  • 合唱・合奏

 

経験と成長に、熱を。

学生の主張コンテストで発表された脇ゼミの「ちょっと変わった大運動会」。

「2019鹿児島国際大学生の主張コンテスト」で脇ゼミが新たな運動会の形を提案しました。脇ゼミは、運動会が小学校の一大イベントであるにも関わらず、共働きで保護者が応援に行けない家庭が増加していることや学校の規模によっては参加競技が限られてしまうことなどに着目。「①思い出づくり②全員で楽しめる③集団競技④交流⑤全力で楽しむ」という5つの項目を大切にして、「親子二人三脚」や「人間知恵の輪」など、独自のアイデアを盛り込んだプログラムを考案し、保護者が参加しやすく会場が一体となって楽しめる運動会を企画しています。

83名が「先生」に。国立大に劣らぬ教員採用実績。

児童学科最大の特徴は、「小学校教諭一種」「幼稚園教諭一種」「保育士」の3つの免許・資格を同時に取得できること。「子ども学」や「子どもの人権と福祉」などを最初に受講するのも本学の児童学科ならではです。2019年度は、小学校教諭54名(期限付き含む)、幼稚園教諭15名(認定こども園含む)、保育士14名の計83名の卒業生が、新たに教育の現場に就きました。教員採用の実績は、国立大学の教育学部に劣らない水準を誇っています。

71名が「先生」に。国立大に劣らぬ教員採用実績。

児童学科最大の特徴は、「小学校教諭一種」「幼稚園教諭一種」「保育士」の3つの免許・資格を同時に取得できること。「子ども学」や「子どもの人権と福祉」などを最初に受講するのも本学の児童学科ならではです。2018年度は、小学校教諭38名(期限付き含む)、幼稚園教諭14名(認定こども園含む)、保育士19名の計71名の卒業生が、新たに教育の現場に就きました。教員採用の実績は、国立大学の教育学部に劣らない水準を誇っています。

学校行事の参加や授業支援などを通して、小学生と積極的に交流する。

運動会や校内キャンプなどの学校行事への参加や実際の授業を学生がサポートするなど、年間を通して地元の小学校と交流を深めています。学年の枠を超えたクラス編成「複式学級」の授業を参観することもでき、今の教育現場を体感できる機会です。2018年夏には三島村での教育現場体験も実施。県本土から40kmしか離れていないにも関わらず、生活を取り巻く環境や学校の様子が大きく異なり、現地でしか学べない貴重な経験ができました。さらに、近隣の小学校で学校支援ボランティア活動も行っています。

めざせる免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士
  • 司書
  • 司書教諭

就職先一覧(2019年3月卒業生)

  • 鹿児島県教員(小学校)
  • 横浜市教員(小学校)
  • 川崎市教員(小学校)
  • 姶良市役所
  • 中種子町役場
  • 鹿児島相互信用金庫
  • 鹿児島県社会福祉協議会
  • 鹿児島市社会事業協会
  • 学校法人桜ヶ丘学園
  • エンジェルキッズ保育園
  • あけぼの幼稚園
  • 社会福祉法人諏訪福祉会
  • 日本郵便
  • 南国殖産
  • てまひま堂
  • カクイックス
  • 加根又本店
  • あいら農業協同組合     他