司書講習

平成21年度文部科学大臣委嘱司書講習

鹿児島国際大学

講習会場 鹿児島国際大学( 鹿児島国際大学附属図書館・他 )
講習期間 平成21年7月29日(水)~平成21年9月30日(水)(最終日に予備日1日を含む)
休日 日曜日、国民の祝日、8月14・15日
講習時間 月曜日~金曜日 9時10分~16時10分
土曜日 9時10分~14時30分
(授業時数により16時10分終了の日もあります。)
募集期間 平成21年5月8日(金)~平成21年5月30日(土)(必着のこと)
申し込みに必要な資料は4月中旬になりましたら、発送できる予定です。
募集定員 40名 (提出された書類で受講資格を審査し、応募者が募集定員を上回ったときは選考します。)

受講資格

受講資格 証明書
大学、短期大学、高等専門学校、旧制専門学校を卒業した者 (1),最終学校卒業証明書
(大学院修了・在学者は出身大学のもの)
大学に2年以上在学し、62単位以上を修得した者 (1)在学証明書
(在学期間が明示されているもの)
(2)単位修得証明書
司書補の資格を有し、公共図書館、大学・短期大学または高等専門学校の図書館職員として2年以上実務経験を有する者
(小・中・高等学校図書館における実務経験は不可)
(1)司書補講習修了証明書(写も可)
(2)勤務証明書
(在勤期間が明示されているもの)
(3)最終学校卒業証明書

受講料

1 全科目受講 講習を修了するに必要な単位を、今回の講習だけで全科目を修得し、修了証書を得る方法です。
受講料(20単位)90,000円
2 科目免除受講 講習を修了するに必要な単位の中から、勤務経験その他の事由により一部の単位が免除される者で、今回の講習だけで免除科目以外の全科目を修得し、修了証書を得る方法です。 
受講料(一律)80,000円 
3 部分科目受講 講習を修了するに必要な単位を、何回かの講習で少しずつ修得し、最終的に20単位を修得し、修了証書を得る方法です。科目免除者が部分受講する場合も含みます。(今年度の採用は若干名となります)
受講料(演習1単位)16,000円、 (講義1単位) 8,000円
※ただし、一回の合計金額が9万円をこえる場合は9万円とします。
4 科目認定料 人事院規則8-18(採用試験)の図書館学による国家公務員試験合格者等の免除科目を認定するときに必要です。
認定料(1科目)2,000円
1)テキスト、教材費は実費をその都度徴収します。
 (平成19年度のテキスト購入金額等は11,000円程度でした)
2)この講習は司書資格取得のための講習です。就職の斡旋はしていません。

図書館法施行規則による講習科目

必修科目 単位 必修科目 単位 選択科目 単位
生涯学習概論 情報検索演習 図書館特論(選択必修)
図書館概論 図書館資料論 資料特論
図書館経営論 専門資料論 情報機器論
図書館サービス論 資料組織概説  
情報サービス概説 資料組織演習
レファレンスサービス演習 児童サービス論

(1) 司書講習を修了するには、必修科目の全科目と選択科目から2科目以上(14科目合計20単位以上)を履修し、単位を修得しなければなりません。
(2) 講習修了に必要な「選択科目2科目以上」について、本学では「図書館特論」を必修(選択必修)としますので、あと1科目を「資料特論」及び「情報機器論」の中から選択してください。
(3)授業の中には、パソコンの知識が必要な科目もあります。
(4)「図書及び図書館史」 「コミュニケーション論」は、本学では開講しておりません。
夏季期間中の長期にわたる講習です。健康に気をつけて受講してください。いかなる理由の出席不足でも単位はつきません。

受講の手続

平成21年5月30日(土)までに、『受講申込書』と『受講資格に該当する証明書』 『返信用封筒(80円切手貼付)』および必要に応じて『その他の証明書等』を本学附属図書館司書講習係宛送付してください。選考後(6月下旬の予定です)、受講の合否およびその後の手続きをお知らせします。

科目免除資格

勤務経験・資格・その他の事由により科目の免除を受けたい場合は、司書講習申込時に所定の証明書を添付して申請してください。なお、本人からの申し出がない場合、あるいは受講許可通知後の申し出、および公式な証明書がない場合は免除されませんので注意してください。

1.勤務経験から次の科目が免除できます。

評価する勤務経験 修得したとみなす科目 単位数
2年以上図書館法(昭和25年法律第 118号)による図書館に勤務した経験(単純な労務に雇用された者を除く) 図書館サービス論
2年以上国立国会図書館又は大学若しくは高等専門学校の附属図書館に勤務した経験(単純な労務に雇用された者を除く) 資料組織概説
2年以上図書館法(昭和25年法律第 118号)による図書館に司書補として勤務した経験 生涯学習概論
図書館サービス論
資料組織概説
資料組織演習
2年以上国立国会図書館又は大学若しくは高等専門学校の附属図書館で司書補に相当する職員として勤務した経験 生涯学習概論
資料組織概説
資料組織演習

2.資格を持っていると次の科目が免除できます。

評価する資格 修得したとみなす科目 単位数
図書館法(昭和25年法律第 118号)の規定により司書補となる資格 生涯学習概論
資料組織概説
学校図書館法(昭和28年法律第 185号)の規定により司書教諭となる資格 児童サービス論
コミュニケーション論
社会教育法(昭和24年法律第 207号)の規定により社会教育主事となる資格 生涯学習概論
博物館法(昭和26年法律第 285号)の規定により学芸員となる資格 生涯学習概論
情報機器論

3.その他の事由からの免除科目

評価する事由 修得したとみなす科目 単位数
人事院規則8-18(採用試験)第3条に規定する国家公務員採用Ⅱ種試験に、同規則第4条に規定する図書館学の区分で合格している者が、合格後3年を経過した日以降の最初の3月31日までの間に司書となる資格を取得する場合。

ただし、この場合、合格通知の有効期限内に免除科目の認定をしておく必要があります。
図書館概論
図書館資料論
資料組織概説
2007年度開催の司書講習の様子を紹介

連絡先

鹿児島国際大学附属図書館  司書講習係
住所 〒891-0197 鹿児島市坂之上8-34-1
電話番号 (099)263-0732
FAX (099)261-1198
URL http://www.iuk.ac.jp/~tosyokan/
このページの先頭へ