鹿児島国際大学

【地域連携・研究】垂水市の寄附講座始まる2019/05/28 

本学が「地方創生の取り組みに関する協定」を締結している垂水市の寄附講座が5月24日、本学で始まりました。今年で3年目になる取り組みで、今年度は「地域から世界へ」の講義の中で、垂水市の企業家らを講師に招き、3回の講義と垂水市でのフィールドワークを行う予定です。

1回目は、垂水未来創造商社マネジャーの菅慎太郎氏が講師を務め、「“グローカル”時代に生き抜くしごととスキル」について講義を行いました。菅氏は、なぜ世界に目を向ける必要があるのかを具体的な事例をもとに説明し、「グローバルな視座と自分の強みを強固にするローカルな思考を磨き、どの仕事を選ぶか、どんなスキルを身に着けるかを考えてほしい」と学生に呼びかけました。

同日行われた開講式には学生や関係者ら約400人が出席。垂水市の二川隆志企画政策課長が「垂水市の寄付講座やフィールドワークを通して、地域の課題や魅力を知り、地域を活性化できる人材になってほしい」と話しました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る