鹿児島国際大学

2017年度秋季入学式を挙行2017/09/21 

2017年度秋季入学式が9月20日に学内で行われ、大学院生9人と学部生24人の合わせて33人が入学しました。

入学生の大半が留学生ということもあり、津曲貞利学長は式辞で、「皆さんは勇気をもって外の世界へ飛び出しました。勇気は大きな試練であるとともに未来に向けての希望の光でもあります。広がる景色こそが、皆さんが苦労して得た、かけがいのない宝物となるのです。ぜひたくさんの友人と会話し、地域の人たちとも交わって日本を学んでほしい」と歓迎しました。

その後、入学生を代表して、大学院国際文化研究科の田俊生さん(中国出身)が「建学の精神にのっとり真理の探究と人間形成に努力します」と宣誓しました。

在学生を代表して、学友会総務副委員長の福元恭生さんは、「日本の文化に多く触れ、あらゆる角度から深く学んでほしい。また、さまざまなことにチャレンジしてください」と歓迎のことばを贈りました。

入学生歓迎の歌として、日本の代表的な唱歌で秋の季節を感じさせる「荒城の月」と校歌を音楽学科声楽専攻の早坂卓さん(4年)が井手口希歩さん(音楽学科3年ピアノ演奏家専攻)の伴奏で独唱しました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る