鹿児島国際大学

人気上昇中「じゃんけんマン」、本学に在籍 2014/02/10 

イベント引っ張りだこ、九州圏内のテレビ番組にも登場

鹿児島を元気にしたい-。そんな熱い思いで戦う孤高の「ゆるヒーロー」が、鹿児島国際大学に在籍している。その名は「じゃんけんマン」。人気上昇中で県内のイベントに引っ張りだこ。最近では九州圏内のテレビ番組や新聞にも度々登場するほど。

「じゃんけん王国」から、活発化する桜島の噴火を止めるためにやってきたという。じゃんけんのチョキの形のかぶり物に麦わら帽子を載せて、白い衣装に赤いブーツとパンツ、そして黄色いマントというスタイルで、ネイルも楽しむこだわりよう。じゃんけんで相手が勝ったらシールやお菓子をプレゼント。負けたら手の甲に落書きするというおきて。落書きと言っても、自分のキャラをサッとひと書き。このかわいらしさも人気のヒミツ。

アルバイト先の催し物として始めて約2年。無表情なことが多いなか、泣いている子どもを見かけた時や写真撮影リクエストには満面の笑みを浮かべるギャップも魅力的。

大学祭やキャンパス見学会など大学のイベントにもふらりと現れ、来場者を楽しませている。活動状況や出演依頼はフェイスブック、ツイッターをチェック。

https://twitter.com/jkm_piece
https://www.facebook.com/jkm.kagoshima

 


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る