鹿児島国際大学

学生の思いつなぎ合わせ、被災地応援キルト完成2012/07/14 

 東日本大震災の被災者を激励しようと、本学学生らが制作した「メッセージキルト」が完成した=写真。
 メッセージキルトは、震災直後、カナダの子どもたちが白い布に応援の言葉やイラストを書き込んでつなぎ合わせ、東北の子どもたちへ送ったのが始まり。全 国で巡回展示されており、本学での展示が決まったことをきっかけに、学生らが「鹿児島からも元気を送ろう」と制作に乗り出した。
 メッセージは海や友情、絆をテーマに、英語でよむ国際俳句にしたため、イラストも加えた。25センチ四方の白い布105枚をつなぎ合わせ、縦約2メートル、横約3メートルのメッセージキルトが7月13日に完成した。
 学生らの作品は学内に展示された後、10月頃に東北の被災地で展示される。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る