鹿児島国際大学

経営学科・櫛部ゼミ生(峰松和司さん)税理士試験会計科目同時合格2020/02/12 

令和元年度(第69回)税理士試験において、経営学科4年の峰松和司さん(鹿児島実業高校出身)が現役生では異例となる会計科目2科目(簿記論・財務諸表論)に同時合格を果たしました。

峰松さんは高校時代に税理士を志し、税理士試験の受験資格に必要となる科目が履修できることから本学の経済学部に進学。実際に税理士事務所でのアルバイトを通して、領収書の入力や確定申告などの業務を行う傍ら、経営学科の資格支援プログラムにも参加するなど意欲的に勉強に励んできました。

峰松さんは「とにかく毎日学校に行って勉強することを意識した。指導していただいた櫛部先生が親身に相談に乗ってくれたことも心強かった。卒業後は税理士事務所に勤めながら、残りの税法に関する科目3科目合格を目指し、20代での税理士を目指す」と決意を語り、後輩に向けて「簿記は就職活動でも役立つお薦めの資格。是非在学中に頑張って取得して欲しい」とエールを送りました。

指導した櫛部幸子准教授は「税理士試験の受験勉強は忍耐との勝負。決して諦めず努力し続けることが必要。努力が実って本当に良かった。」と語っています。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る