鹿児島国際大学

中西ゼミの3年生16名が『薩摩義士頌徳慰霊祭』に出席2019/05/28 

5月25日(土)は、美濃国における治水事業(宝暦治水)に貢献した薩摩藩家老、平田靱負公の命日にあたり平田公園において、『薩摩義士頌徳慰霊祭』が行われました。この式典に本学経済学部の中西ゼミの3年生16名が出席。中西講師とゼミ長の東瀬戸雄士さんの二人が一般客代表として、いづろ商店街振興組合関係者とともに玉串を奉納しました。

この度の出席は、いづろ商店街との協同の取り組みを間近に控え、学生が地元・鹿児島に対して誇りを抱けるようになることを目的として行われたもので、ゼミ長の東瀬戸さんは「平田靱負公のことは以前から知っていたが、慰霊祭を通してその偉業を確認し、地元・鹿児島を誇りに思うことができた」と感想を述べています。

 


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る