鹿児島国際大学

経済学部の学生らが中国の恵州学院を訪問2019/03/27 

経済学部の学生と大学院経済学研究科の院生、教員(康上賢淑教授、八木正教授)合わせて13人が3月4~11日にかけて、中国の恵州学院(広東省恵州市)に、研修と交流を目的に訪問しました。恵州学院には、本学大学院を修了した土橋正幸氏が教員を務めており、また本学と提携している札幌大学も6年前から短期留学(約2週間)を3月に実施しており、今回は札幌大学の学生・教員(瀧元副学長)一行約20名とも一緒になり、交流しました。

恵州学院では、日本語学科の学生・教員などから多大な歓迎と支援を受け、中国語、書道、茶道、ダンス、古典楽器(古琴・二胡)、武術など様々な講座を受講・体験するだけでなく、日本語学科の授業でプレゼン発表、また全学的に行われた第1回国際文化祭に出演し、おはら節などを披露しました。自由時間も、日本語学科の学生と一緒に行動し、交流を深めました。10日には、広州市中山大学を訪問し、付属中学の生徒との交流も行い、非常に有意義な中国滞在を終えました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る