鹿児島国際大学

学友会サークルの新リーダー研修を実施2019/03/05 

 2月27日、学内にて平成31年度リーダーシップセミナーが開催され、学友会のサークル53団体の新主将・副主将・会計担当者195名が参加しました。当研修会は学友会活動に向けての各種手続きやリーダーシップに関する研修、前サークルリーダーからのアドバイスを目的としています。

 研修に先立ち、学友会会長の鮫島隆静さん(社会福祉学科3年)より「学友会活動において、各サークルや各個人の個性を大いに発揮してほしい」と挨拶があり、学友会機関の各代表から活動の案内がなされました。学友会活動の各種手続については学生課から説明が行われ、福祉社会学部の深田忠徳准教授(サッカー部監督)からは、幹部学生の役割や目標共有の大切さ、個々のキャラクターに合わせた役割分担など、サークルでの“リーダーシップ”について講義がなされました。

 ソフトボール部前主将の中村謙介さん(児童学科3年)からは「一人で抱え込まず、周囲の協力を得ながらチームを作ってほしい」とアドバイスが送られ、硬式野球部主将の池田健志さん(経済学科3年)は「様々な場面での立ち居振る舞いから部員の信用を得ていきたい」と、新主将としての決意を述べました。各サークルの新リーダーが一同に会したことで、各サークル同士の交流が図られ、新学期からの活動への期待が高まる研修となりました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る