鹿児島国際大学

同窓会から留学生に支援金2019/01/30 

平成30年度鹿児島国際大学同窓会「外国人留学生支援会」の支援金授与式が1月22日に本学で行われ、同窓会より留学生5人(中国4人、ベトナム1人)に支援金が授与されました。

同窓会の外国人留学生支援会は平成18年の設立以来、留学生の学業専念と日本文化理解への環境を整えるための経済的支援を目的に毎年行っています。

授与式では稲葉直寿同窓会会長が、「環境に負けず向上心を持って、建学の精神を理解しながら大学生活を楽しんでください。今後皆さんが大学と世界との絆を強めてくれることを期待しています」と激励し、留学生一人ひとりに支援金(給付)を手渡しました。これに対し、飯田敏博副学長から「同窓会からの長年の支援に感謝します。留学生は同窓生が応援してくれる素晴らしい環境で、しっかり勉強してください」と挨拶しました。

留学生代表の王兆俊(ワン・ジャオジュン)さん(国際文化研究科修士2年・中国)は、「同窓会と関係者の方々にお礼を申し上げます。自立した立派な社会人として、世界で活躍できる人材になりたいです」と謝辞を述べました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る