鹿児島国際大学

就職内定4年生が後輩に就活体験談2018/10/30 

就職内定を得た4年生が、自身の就職活動の経験をもとに就職活動の心構えや活動内容、もっとやっておけばよかった等についてアドバイスする「就職内定者のパネルディスカッション」が10月24日に学内で開かれ、1~3年生の約60人が参加しました。

パネルディスカッションでは、株式会社リクルートキャリアの担当者が進行を務め、6人の4年生がそれぞれの就活を振り返り、準備や対策、インターンシップやボランティアの経験、さらにこれから本格的な就職活動を迎える3年生にアドバイス。1~2年生には、早目に目標を持って行動することの重要性などを伝えました。

参加者からは、「先輩の生の声を聞くことができて、就活のイメージがつかめた」「自己分析など早くから準備しておくことが大切」などの感想がありました。

就職キャリアセンターでは、今後も自己理解ワークショップや業界・企業研究講座などを行いサポートしていきます。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る