鹿児島国際大学

照国表参道商店街活性化に向けて西ゼミが提言2018/10/25 

照国神社(鹿児島市)と繋がる照国表参道商店街の活性化に向けて、鹿児島興業信用組合・照国表参道商店街振興組合・鹿児島国際大学が連携して取り組む事業に、経済学部経営学科の西ゼミ(担当:西宏樹講師)が参加しました。

前回(6月9日)行われた街歩きやワークショップを踏まえつつ、今回(10月20日)は、事業者アンケート調査の結果と同商店街の活性化策について、ゼミ生が鹿児島興業信用組合の会議室で発表しました。その後、事業者を交えた意見交換会が行われました。会場からは「学生が“自分達の街”と言ってくれたのが嬉しかった」や「普段は収集しにくい若者の意見が直接聞けて良かった」などのコメントを頂きました。

本事業を担当した経営学科の西宏樹講師は「若年層の来街が減少している照国表参道商店街に対して、若者やマーケティングの視点から沢山のアイディアを提示することができた。各商店には、何か一つでもいいので実践に移して頂きたい」と話しています。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る