鹿児島国際大学

よさこい同好会「創生児」が大賞受賞2018/08/31 

県内外で地域を盛り上げようと活動しているよさこい同好会「創生児」が、7月末に宮崎市で行われた祭り「えれこっちゃ みやざき」の一般部門ダンス審査で、大賞を受賞しました。

主将の有馬綾音さん(児童学科3年、屋久島高校出身)は、「今回演舞した曲は4月に完成したもので、ようやく一体感がでてきた。結果発表でなかなか名前を呼ばれず、賞を逃したのではと不安になったが、大賞を受賞し本当に驚いている。うれしい」と喜びをかみしめました。

今回の曲は鹿児島の六月灯をイメージして創作し、曲名は「繋灯(かけはし)」。お祭りの華やかさと灯籠のともしびを優雅に約4分で表現し、女性を持ち上げる技や衣装チェンジを取り入れるなど、工夫した構成になっています。

今年は、「黒崎よさこい祭り」(福岡県)と「さのよいファイヤーカーニバル」(熊本県)でも、会場賞を受賞するなど評価が高く、今回の受賞でさらに勢いに乗っています。

今夏も屋久島や口永良部島、種子島などで祭りへ参加したり、施設や地域の祭りで、利用者や子どもたちと一緒に踊ったりと多忙なスケジュール。

有馬さんは、「1・2年生が堂々と演舞し、先輩に負けない存在感がでてきた。9月には神戸である『KOBE ALIVE』に初出演し鹿児島をPRする予定で、10月には長崎県の『YOSAKOIさせぼ祭り』で入賞を目指し演舞する。若さあふれるパフォーマンスで地域を元気にしたい」と話しています。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る