鹿児島国際大学

マクマレイ教授、実践的英語教育のテキスト出版2018/07/02 

国際文化学科のマクマレイ・デビッド教授がこのほど、「Active Learning & Active Testing」を出版しました。学生参加型の実践的授業における評価方法をテーマにしたテキスト。数種類のビジネスケース内容を学生に理解させたうえでSWOT分析し、創業者、銀行、証券会社、コンサルタント役に分かれてビジネスの提案、交渉、書類作成を疑似体験。さらに英語によるディベートを行うことで、学生が自ら考え、話し、行動する能力を身に付けることができるという内容です。マクマレイ教授は、「本学英語教育におけるアクティブラーニングの実践例や評価方法の改善を目指していきたい」と話しています。

また、このテキストをデザインしたのは、国際文化学科4年でマクマレイゼミの神前将太さん。Photoshopなどのデザインソフトを用い、同級生の秋山珠佑さんが撮影した桜の写真を大胆に配置。神前さんは「マクマレイゼミの魅力は、興味があることなら何にでも積極的に取り組め、個性を最大限に生かせること」と笑顔を見せています。(国際文化学科4年・藤崎利紗、同3年・小村将太)


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る