鹿児島国際大学

経営学科の西ゼミ、照国表参道商店街活性化へ向けて始動!2018/06/27 

照国神社(鹿児島市)と繋がる照国表参道商店街の活性化に向けて、鹿児島興業信用組合・照国表参道商店街振興組合・鹿児島国際大学が連携して取り組む事業に、経済学部経営学科の西ゼミ(担当:西宏樹講師)が参加しました。

6月9日(土)に第一回目の連携事業が開催され、同商店街の視察やワークショップが行われました。現地視察では、学生らは事業者の方々から商店街の現状に関する説明を受けながら歩きました。

ワークショップでは、鹿児島興業信用組合の会議室で、学生らが商店街の強みと弱みを100個以上出し合い、それに基づいて強化策や改善策を検討・発表し、最後に事業者の方々と意見を交わしました。

事業を担当する経営学科の西宏樹講師は「若年層の来街が減少している。若者をターゲットとした活性化策をゼミ生と共に考えていきたい」と話しています。

今回の意見を集約し、次回は商店街関係者をより多く集めて、学生が商店街の活性化策を提言します。活動の様子は、6月10付の朝日新聞29面に掲載されました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る