鹿児島国際大学

国際文化学科の小林(潤)ゼミが、日置市の伝統行事を調査2018/06/27 

日置市と本学の包括連携協定に基づくフィールドワークの一環として、田植祭「せっぺとべ」の現地調査を行いました。

移動中のバス車内で、公民館支援員の方より祭りに関する概要説明を受けた後、会場で祭りの見学及び扇尾地区の住民の方と、地域の実情や祭りの意義などについて意見交換を行いました。

今回の結果を踏まえて、日吉町扇尾地区におけるイベント等(サテライトゼミ)を企画立案し、自治体や関係団体との調整を経て実施していく予定です。

事業を担当する国際文化学科の小林潤司教授は、「伝統行事が人と人、地域と地域のつながりを維持し深めていくためにかけがえのない役割を果たしていることを確認できた。大学の研究室がコミュニティのなかで、サテライトゼミ活動を通してどのような貢献ができるかを考える上で貴重なヒントが得られた」と話しています。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る