鹿児島国際大学

経済学部の康上教授が高校校長会で講演2018/06/21 

鹿児島県高等学校教育研究会商業部会の校長会が6月14日に鹿児島商業高校で開催され、経済学部の康上賢淑教授が「世界と地域に役立つ若者育成を目指して」をテーマに講演をしました。

まず、現代の若者気質に触れ、「同質な集団での行動を好む傾向があり、物事に対してネガティブで社会に対する免疫力が弱くなっているように感じる。本学では海外留学、インターンシップ、フィールドワーク等を通して、人々との交流を図ることが若者の成長につながり、交渉能力も高まる」と話しました。

また、本学国際文化学科を卒業し、上海総領事館で勤務する吉永英未さんを取り上げ、本学での学びがグローバル人材を育成していることも紹介しました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る