鹿児島国際大学

大学院在学の新田氏が車椅子介護浴槽を寄贈2018/04/16 

本学大学院福祉社会学研究科に在学している新田博之氏(社会福祉法人役員)が、車椅子介護浴槽を寄贈し、3月22日に寄贈式が行われました。式には新田氏を始め、津曲貞利学長や介護福祉士課程の担当教員らが出席しました。

本学は鹿児島県内の大学で唯一、福祉を専門的に学べる社会福祉学科を設置しており、介護実習室には仰臥位(ぎょうがい=寝たまま)入浴できる浴槽を完備しています。介護現場で主流になっている車いすに座ったまま入浴できる車椅子介護浴槽の寄贈により、学生たちは最新の入浴方法を学習・実践することができるようになりました。

新田氏は「地域が必要とする人材を育成する本学で、とりわけ介護福祉士という専門職の育成は地域へ果たす役割が大きく、そのお手伝いができればとの思いで寄贈した」と話し、津曲学長から感謝の言葉が述べられました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る