鹿児島国際大学

留学生と地域の方で門松作り2017/12/27 

 本学留学生と地域の方々との交流会が12月23日に行われ、約40人が参加して交流を深めました。

 本学職員が日本語と中国語を交えながら、日本の門松などの歴史を紹介した後、各班に分かれて、門松やしめ縄、ぜんざい、甘酒を作りました。

 当日来訪していた女子高校生も参加し、「すごく貴重な体験をすることができた、楽しかった」と笑みを浮かべました。

 留学生からは「ぜんざいも甘酒もとてもおいしく、日本文化を経験することができて楽しかった」と留学生活で忘れられない思い出を作ることができた様子でした。

 地域の方々の中には中国語を学んでいる方もおられ、中国語と日本語が飛び交い、笑顔が絶えない時間を過ごすことができました。

 今後も活動を通して、交流の輪を続けていくことを再確認しました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る