鹿児島国際大学

米加州の山火事、学生が支援の募金活動2017/11/24 

皆さんもご存じだと思いますが、10月8日に米西海岸カリフォルニア州北部で大規模な山火事が発生しました。同州の山火事としては過去最悪で約8,700棟もの建造物が焼失し、40人以上の死者が確認されています。

鹿児島国際大学にはサンタローザクラブ(サンタローザ友好協会学生支部)があり毎年、鹿児島市とサンタローザ市間の交換留学に参加し、受け入れを手伝っています。カリフォルニア州にあるサンタローザ市は、今回の山火事で最も被害を受けています。今まで多くの本学学生(約100人)がホームステイをさせていただいてお世話になってきた町のために、何か少しでもお手伝いできないか考えました。

そこで学内・学外での募金活動を始めました。すると、想像以上に多くの方が協力してくださり、部員一同とてもうれしく思いました。学内では11月末まで行っており、昼休み時間に学食などで募金を呼び掛けると、みんな食事をしながら私たちの声に耳を傾け、募金箱に駆け寄ってくださり、とても心が温まりました。また、私たちは鹿児島サンタローザ友好協会の活動にも協力して、学外での街頭募金活動にも参加しています。

現地にすぐ駆けつけることのできない距離がありますのでこのようなことしかできませんが、学内外の皆さんの協力のおかげでとても大きな力に育ってきたと思います。今回の募金活動は、私たちにとってとても良い経験になりました。これからも私たちにできることでサンタローザをサポートしていきたいと思います。(サンタローザ友好協会学生支部長・藤崎利紗=国際文化学科3年)


学内募金活動

【IUKニュース一覧】

トップに
戻る