鹿児島国際大学

今村教授の著書が学会「優秀著作賞」受賞2017/10/06 

9月23日に開催された日本リスクマネジメント学会で、経済学部の今村明代教授の著書『創業者一族の経営とコーポレート・ガバナンス』が優秀著作賞を受賞しました。日本リスクマネジメント学会は日本学術会議公認団体で経済学会連合会所属の学会です。

本書は、創業者やその一族が経営に関与する企業とそれ以外の企業について、企業の経営成績、財政状態にどのような差異が生じるかを分析したものです。本書は、筑波大学に提出した博士論文に加筆修正し、鹿児島国際大学による助成を受けて本年1月に出版されました。本書についての書評が、雑誌『企業会計』5月号、雑誌『会計・監査ジャーナル』5月号、雑誌『産業経理』季刊2017年度第2号に掲載されています。また、鹿児島経営者協会の5月例会で本書の概要について講演を行ないました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る