鹿児島国際大学

オープンキャンパスin奄美を開催2017/07/12 

4年制大学のない大島地区で、同地区の高校生らに本学の取り組みや授業体験などを通して「大学」を知ってもらい、進路選択の一助にしてもらおうと7月9日、奄美市でオープンキャンパスを開催しました。今回で4回目となり、同地区の高校生や保護者の方々に参加していただきました。

模擬授業では、経済学部の馬頭忠治教授が「地域と高校の新しい関係-学びのかたち-」をテーマに、ゼミの活動に高校生を巻き込んで、地域課題に取り組んだりワークショップを開いたりしたことなどを紹介し、「大学でさまざま経験を積むことが大切。そんな経験ができる大学選びをしてください」と話しました。

卒業生も2人登壇。今春、児童学科を卒業して奄美市役所に勤務する泉匡哉さん(大島高校出身)と2005年3月に社会福祉学科を卒業して奄美病院に勤務する吉村あゆみさん(大島高校出身)がそれぞれの体験を話し、「大学は自分を大きく成長させてくれる大切な場所。大学に進学して、たくさんのことにチャレンジしてください」とメッセージを送りました。

高校生たちからは、「卒業生の体験談を聞いて大学生活のイメージが高まった」「大学というところの魅力を感じることができ有意義だった」といった感想が聞かれました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る