鹿児島国際大学

自筆署名入り写真など、長沢鼎の貴重な資料加わる2017/04/08 

薩摩藩英国留学生・長沢鼎の貴重な資料が所蔵されている本学に、とても貴重な資料が加わることになりました。

裏に長沢のメッセージと自筆の署名が入った自身60歳代の写真、長沢の祖父が書いた命名書、長沢の甥本田幸介の自筆の書状など。長沢を研究している国際文化学部の森孝晴教授は、「まずこれらが一次資料であることがすごい。さらに、長沢の自筆のサインは珍しいし、長沢の祖父吉徳の書というのはほかに見たことがない」とその意義を話しています。

これらの貴重な資料は、長沢の長姉の系譜にある野崎勉鹿児島大学名誉教授より4月4日、寄贈していただきました。森教授は、「とてもありがたいことで、心より感謝申し上げたいです」。

これらの資料は、本学7号館にある長沢資料の常設展示室に展示。一般の方の観覧も4月20日以降できますので、事前にお問い合わせください。電話099-261-3211


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る