鹿児島国際大学

オープンキャンパスin都城を開催2016/06/20 

オープンキャンパスin都城を6月18日、グランドパティオ都城で開きました。大学紹介や在学生発表、模擬授業体験などを通して、「大学」を身近に感じてもらおうと、初めて開催。同地区の高校生や保護者の方々に参加していただきました。

在学生発表では、経済学部の地域経済ゼミ(担当・菊地裕幸教授)の学生が、ゼミで行った阿久根市地域活性化プロジェクトや「肥薩おれんじ鉄道!沿線うんまかもんフェア」などの概要を紹介。ゼミ活動を通して、難しいと思っていた「経済」が、身近な生活と密接に関連している点を強調しました。

模擬授業体験では、国際文化学部の小林潤司教授が「秘伝公開!今日から誰でも英語の勉強が10倍楽しくなる話」と題して講義。単語や文法などの覚え方や取り組みの秘伝を伝えました。

最後に、イングリッシュ幼児園に勤務する卒業生がメッセージを送りました。

高校生たちからは、「模擬授業の内容が素晴らしく、英語の勉強が楽しくなりそう」「大学で学ぶイメージがつかめ、今後の進路の参考になった」といった声が聞かれました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る