鹿児島国際大学

オープンキャンパスin鹿屋を開催2016/06/03 

オープンキャンパスin鹿屋を5月28日、鹿屋商工会議所で開きました。大学紹介や在学生発表、模擬授業体験などを通して、「大学」を身近に感じてもらおうと、昨年に続いて2回目の開催。大隅地域の高校生や保護者の方々に参加していただきました。

在学生発表では、経済学部馬頭ゼミの学生2人が、ゼミで行った大隅半島の高校生アンケート調査の結果を基に、地域の担い手づくりに関する提言を行いました。参加した高校生たちは自分たちの地域をテーマにした発表を、興味深そうに聞いていました。

模擬授業体験では、福祉社会学部の増田和高専任講師が「社会福祉の可能性と専門職としての社会福祉士」と題して講義。「幸せ」のお手伝いをすることが社会福祉の仕事と強調したうえで、「幸せは十人十色。だからこそ、社会福祉の勉強は人の人生に関わる多くのことを学ぶことから始まる。4年間で知識や経験の幅を広げられる」と大学で学ぶ優位性を高校生たちに語りかけました。

最後に、南大隅町役場に勤務する卒業生がメッセージを送りました。

高校生たちからは、「模擬授業が分かりやすく、とても楽しかった」「大学で学ぶイメージがわいた」といった声が聞かれました。


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る