鹿児島国際大学

精神保健福祉士の国家試験合格率100%達成2016/04/01 

精神保健福祉士の国家試験合格率100%-。社会福祉学科精神保健福祉コースの学生11人が、第18回(平成27年度)国家試験で全員合格しました。全員合格はコース設立後初の快挙。喜びを胸に、3月17日に本学を卒業しました。

精神保健福祉士は、精神障害者の保健や福祉に関する専門的知識と技術を持ち、社会復帰への相談援助に携わる専門職の国家資格。本学では同国家試験が始まった1999年にコースを開設しました。今回の試験は1月23日、24日に全国7都道府県で行われ、3月15日に合格発表。全国の合格率は61.6%でした。

本学のこれまでの合格率は70~90%で、全国平均より高いレベルにあり九州管内の大学で上位を維持。卒業生と在学生で組織する「同門会」のネットワークを生かした卒後研修や実習助手のサポートなどで学生のモチベーションを高めています。コース主任の野田隆峰教授は、「伝統に裏付けられたサポート体制が本学の強み」と話します。

コースの1期生たちが現場ではリーダーになりつつあります。今回の合格者たちは、4月から鹿児島県内の病院などで専門職としての第一歩をスタート。「切磋琢磨しながら、一人でも多くの患者さんたちの力になりたい」と決意を新たにしていました。

【写真】精神保健福祉士全員合格を喜ぶ11人の卒業生たち


【IUKニュース一覧】

トップに
戻る