鹿児島国際大学

2017/11/03 
産学官地域連携センター

本学と札幌大学が包括的連携協定締結

本学と札幌大学・札幌大学女子短期大学部は、包括的な連携のもと、協力関係を築き、教育力や研究力を基盤として、活力ある地域社会の形成と発展に寄与することを目的に10月30日、包括的連携協定を締結しました。

締結式には、本学の津曲貞利学長、札幌大学の荒川裕生理事長らが出席。連携・協定する事項は、(1)学生の教育、(2)学術研究、(3)教職員の相互交流、(4)地域貢献、(5)その他両大学において必要と認める事項で、今後円滑かつ効果的に推進するため、協議や調整をしながら実施していきます。

津曲学長は、「同規模の大学であるため、共通の地域ならではの課題がある。地域から視た地域の活性化など、新たな視点を期待している。全国に活力をあたえる学生を育成したい」。荒川理事長は、「道内だけではなく、様々な地域の方と連携できることを嬉しく思う。北と南で手を携えて、お互いが発展するよう実りある交流にしたい」と述べました。

【写真】札幌大学の荒川理事長(左)と本学の津曲学長(右)

【地域連携・研究一覧】

トップに
戻る