鹿児島国際大学


2016/02/23 
地域総合研究所

本学と南大隅町が包括連携協定締結

「地域づくり」共同研究報告会も開く

本学と南大隅町は2月20日、それぞれの人的・知的資源や機能等の活用を図りながら幅広い分野で相互に協力し、地域社会の発展に寄与することを目的とする包括連携協定を締結し、調印式を行いました。

南大隅町役場で行われた調印式には、関係者約20人が出席。津曲貞利学長と森田俊彦町長が協定書に署名し、堅い握手を交わしました。

連携・協力する事項は、①地域振興、②観光振興、③国際化、④健康・福祉の充実、⑤その他両者が協議して必要と認める事項で、具体案については協議しながら実施していきます。

森田町長は、「人口減少・高齢化の進むこの地に、大学の知と若者の血を通わせて、変革の突破口を見出したい。南大隅が変われば、鹿児島ひいては日本が変わる。そのモデルになるように期待している」。津曲学長は、「鹿児島に存立する大学として、地域貢献は本学の大きなミッション。福祉から産業振興まで幅広く地域の課題解決に貢献したい」と述べました。

また同日は町文化ホールで、本学地域総合研究所が南大隅町の委託を受けて2014年度から「地域づくり」をテーマに共同研究を進めてきた成果の報告会を開きました。「地域福祉」「まちづくり」「農業振興」「観光」「地域文化」など、過疎地が直面する課題に取り組んだ2年間の成果を研究者らが報告。経済学部・馬頭ゼミの学生らは、大隅半島の高校生にアンケート調査した結果をもとにプレゼンテーションしました。会場には地域住民らを含む約200人が詰めかけ、熱心に耳を傾けていました。

 

トップに
戻る