鹿児島国際大学  国際文化学部博物館実習施設

鹿児島国際大学ミュージアム

研究活動

考古学ミュージアムでは、学内だけでなく一般市民にも本施設の調査、研究活動についてご理解いただけるようにつとめています。 ここでは、考古学ミュージアムで実施した調査研究や、それに関する報告書、 図録などの出版物について紹介します。

『考古学ミュージアム調査研究報告』第11集(2014年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第11集の表紙画像

 

三木 靖
肥後吉郎
別府佳祐

 「山城の保存・活用とまちづくり―清水城の取り組みを中心に―」
 全文紹介(PDFファイル3.68MB)

大西智和
鐘ヶ江賢二

 「薩摩川内市手打貝塚の発掘調査―2次調査の概要報告―」

 全文紹介(PDFファイル1.14MB)

別府佳祐
鐘ヶ江賢二
大西智和

 「京都大学甑島学術調査団発掘資料の報告―里遺跡・手打貝塚出土土器を中心に―」
 全文紹介(PDFファイル2.41MB)

大木公彦

 「大地を活かすジオパークの取り組みと大学の役割」
 全文紹介(PDFファイル1.34MB)

三木 靖

 「島津藩の本城としての鹿児島城」
 全文紹介(PDFファイル3.44MB)

木場美玖

 「世界平和の切り札としての博物館―これからの博物館教育と学芸員の役割―」
 全文紹介(PDFファイル354KB)

久保美彩子

 「博物館・博物館学芸員のこれからについて―博物館教育論で学び、考えたことを通して―」
 全文紹介(PDFファイル544KB)

 

 


 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第10集(2013年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第10集の表紙画像

 

 竹内有理
 山ア 優

 講演会記録 「博物館の学びを考える」
 全文紹介(PDFファイル3.81M)

 鐘ヶ江賢二

 大学設立から戦後復興への道のり
 ―特別企画展「鹿児島国際大学の80年」展示資料から―
 全文紹介(PDFファイル2.89M)

 大西智和
 鐘ヶ江賢二

 手打貝塚発掘調査 ―1次調査の概要報告―
 全文紹介(PDFファイル2.22M)

 牧島知子

 おぎおんさぁ ―鹿児島市の祇園祭り―
 全文紹介(PDFファイル7.51M)

 三木 靖

 薩摩国向山城の謎
 全文紹介(PDFファイル7.7M)

 別府佳祐

 縄張図作成を通じた中世城館の資料化の試み
 全文紹介(PDFファイル1.5M)

 

 


『考古学ミュージアム調査研究報告』第9集(2012年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第10集の表紙画像

 

 鐘ヶ江賢二

 河野一隆

 東 和幸

 講演会記録「博物館展示の舞台裏」
 全文紹介(PDFファイル1.38M)

 鐘ヶ江賢二

 数奇な運命をたどった薩摩藩留学生の物語

 森 孝晴

 長沢鼎の武士道精神について

 牧島知子

 串木野手織り木綿(手織り縞)

 三木 靖

 屋久島・口永良部島の城の調査

 大西智和

 鹿児島国際大学学芸員資格課程の博物館実習への取り組み

 


 

 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第8集(2011年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第8集の表紙画像

 

大木公彦

講演会記録

「鹿児島フィールドミュージアムへのお誘い」

全文紹介(PDFファイル1.25M)

藁科哲男・
森田太樹・
鐘ヶ江賢二

「住吉貝塚出土黒曜石製遺物の産地分析」

牧島知子

「鹿児島県鹿児島郡三島村(硫黄島・黒島)の旅立ちの民俗と墓〜葬送・供養・お盆・墓〜」

三木 靖

「大隅国建昌城をめぐって」

大西智和・
鐘ヶ江賢二・
上村俊雄

「甑島の文化財の魅力の発掘と住民主体の活用をめざして
―2010年度こしきアイランドキャンパス事業から―」

 


 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第7集(2010年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第7集の表紙画像

 

中摩浩太郎、
蓑毛良助

講演会記録

「博物館の社会貢献―指宿市考古博物館 時遊館COCCOはしむれの取り組みから―

上村俊雄、
大西智和
半世紀ぶりの再調査―京都大学甑島調査団の資料寄贈―
牧島知子 長崎県宇久島の旅立ちの民俗と墓―葬送・供養・お盆・墓―
三木靖 薩摩国安養寺城(鉢巻)城の調査資料
鐘ヶ江賢二 大学博物館における博物館実習の教育的効果―平成21年度の活動から―

 


 

考古学ミュージアム主催講演会記録

博物館の社会貢献
―指宿市考古博物館 時遊館COCCO はしむれの取り組みから―

(全文紹介 PDFファイル1.8M→)

 

中摩浩太郎 「指宿市考古博物館の社会貢献への取り組み」
蓑毛良助 「 考古学が社会に果たす役割・社会貢献―心理療法の立場から― 」
コーディネーター 大西智和( 鹿児島国際大学国際文化学部)
司会 鐘ヶ江賢二( 鹿児島国際大学博物館実習施設学芸員)
記録 鈴 祐樹・竹内光司・野元貴裕・松山 隼
( 国際文化学部人間文化学科3 年)

 


 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第6集(2009年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第6集の表紙画像

 

鐘ヶ江賢二 鹿児島県における河川の砂の岩石学的分析(第3報)
平川ひろみ、
重信美那子、
泉さやか、
中園聡
鹿児島大学周辺における遺跡の分布調査V ―坂之上野首遺跡―
川宿田好見 土器製作者の身体技法と土器調整痕の顕微鏡観察
大西智和 カリフォルニア大学バークレー校と考古学

 


 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第5集

−長崎県宇久松原遺跡 鹿児島県高橋遺跡−(2008年3月)

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第5集の表紙画像

 

長崎県五島列島の宇久島に所在する宇久松原遺跡からは、弥生時代の甕棺墓、石棺墓が検出され、墓の中からは人骨とともに副葬品としてガラス玉、猪牙製装飾品などが出土。また鹿児島県南さつま市金峰町の高橋遺跡では、鹿児島県内では事例が少ない弥生時代の木棺墓を検出。両遺跡の調査を報告しました。

 


 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第4集(2007年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第4集の表紙画像

 

三辻利一 牛頸窯群、天観寺窯群、伊藤田窯群の須恵器の化学特性
鐘ヶ江賢二 鹿児島県における河川の砂の岩石学的分析(第2報)
川宿田好見 カナダにおける博物館とその活動−日本の博物館の改善のために−
上村俊雄 岡山市南方(済生会)遺跡出土の入来U式土器
折尾真紀・
中園聡・
川宿田好見・
黒木梨絵・
池平壮峻
土器の焼成実験

西村誠

宮崎県前の原地下式横穴墓について−調査成果の整理と今後の展望−
大西智和 鹿児島県指江古墳群の観察調査速報

 


 

『考古学ミュージアム調査研究報告』第3集(2006年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第3集の表紙画像

 

川宿田好見 「須玖式土器の観察−福岡県栗田遺跡・栗山遺跡の例から−」
鐘ヶ江賢二 「鹿児島県における河川の砂の岩石学的分析(第1報)」
上村俊雄 「長野県須坂市八丁鎧塚出土の南海産貝製品について」
河越彩子・
中園 聡
「薩摩半島西部・吹上浜周辺における遺跡の分布調査T−日置市・川久保遺跡(1)−」
大西智和・
西村誠
「鹿児島県長島明神古墳群の観察調査速報」
黒木梨絵・河越彩子・
川宿田好見・大濱春代・
折尾真紀・花田寛典・
本田望・池平壮峻・
中園聡
「鹿児島国際大学周辺における遺跡の分布調査U」

 


 

鹿児島国際大学考古学ミュージアム調査研究報告第2集
『屋久島横峯遺跡』(2005年3月)

 

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第2集の表紙画像

縄文時代後期の大規模な集落の存在を屋久島ではじめて確認。多数の住居跡を検出するとともに、当時の生業活動や交流を示す多量の土器や石器が出土しました。

 


 

鹿児島国際大学学芸員課程調査研究報告第1集
『博物館実習室をつくる』(2003年3月)

出版した『考古学ミュージアム調査研究報告』第1集の表紙画像

中園 聡 「博物館実習室をつくる―鹿児島国際大学博物館実習室の開設―」
上村俊雄・
中園 聡
「鹿児島国際大学における学芸員教育の試み」
川宿田好見・
河越彩子・
中園 聡
「鹿児島国際大学周辺における遺跡の分布調査T―笠松遺跡群とその遺物―」
濱崎太輔・
中園 聡
「近現代考古学の実践―南州墓地(西南戦争戦没者墓地)の調査―」
川宿田好見・
濱崎太輔・
河越彩子・
野間清香
「宮崎県前の原地下式横穴墓群の地中レーダー探査」
中園 聡 「上小原4号墳の測量調査」
上村俊雄 「南西諸島における特異な埋葬事例―沖縄県具志川島遺跡群岩立地区の埋葬人骨から―」

このページのトップへ