鹿児島国際大学

3日間社長のカバン持ち 鹿児島サンロイヤルホテル

鹿児島サンロイヤルホテル

 鹿児島国際大学では、学生が大学という空間から出て地域社会と交流しながら自らの関心や問題意識に基づいて探求し、自分の言葉でまとめあげていく経験を重視しています。「現地に出向いて調査する」「地域の人々にインタビューする」「発掘・資料収集する」といったことを通して、その成果を地域社会に還元する。これが、鹿児島国際大学の考えるフィールドワークです。

イベントでは商工会の方と一緒に餅も作った。

学ぶことが多く、 充実していた3日間

学ぶことが多く、 充実していた3日間

波戸上 陽平 さん
経済学部 経営学科4年
開陽高等学校出身

 初日はとても緊張しましたが、中拂社長をはじめ従業 員の方がとても優しく、緊張をほぐしていただいので すぐに馴染むことができました。中拂社長に同行させて いただき、取引先の会社を回ったり、普段はあまり見る 機会のないバックヤードを見せていただいたりと、非常 に濃い3日間だったように思います。従業員それぞれに 担当の仕事があり、その役割を全うすることでホテル業 務が成り立っているのだと感じました。

 また、従業員の方のお客さまに対する気配りや笑顔も 強く印象に残っています。常に相手の立場に立って考え るという姿勢は、これからどの仕事に就くにせよ、大切 なものだとあらためて実感しました。  このように貴重な機会はそうあるものではないと思う ので、ぜひ皆さんにも体験してほしいですね。一歩踏み 出すことができて良かったと思いますし、今後もいろい ろなことに挑戦していきたいと思います。

研修受入企業(2014年度)

◇ユニオン産業株式会社 ◇株式会社南日本新聞開発センター ◇株式会社ベガハウス ◇鹿児島相互信用金庫◇重信通信工業株式会社 ◇有限会社リック ◇水溜食品株式会社 ◇有限会社ブライダルハウス六本木 ◇有限会社マルナカ◇昭和製菓株式会社 ◇株式会社フジヤマ ◇フタバ株式会社 ◇野崎税理士事務所 ◇三和建設株式会社◇株式会社G-STYLE ◇株式会社ブンカ巧芸社 ◇阪東機工株式会社 ◇イースト朝日株式会社◇南九州コンクリート株式会社 ◇株式会社九大地質コンサルタント ◇エスパックス株式会社 ◇株式会社ロックフェイス◇鹿児島国際観光株式会社 ◇株式会社コピオン ◇有限会社安泰商事リサイクルマート平之町店 ◇情報機器販売株式会社◇鹿児島ミート販売株式会社 ◇株式会社キッコウ ◇株式会社まからず屋 ◇LEGAL FLAG

インターンシップ

>> 体験先 株式会社山形屋

地元企業の持ち味を直に体験

永田 宙海 さん
福祉社会学部 児童学科3年
松陽高等学校出身

 ボランティアサークルに所属しており、山形屋と共同でボラン ティア活動をしたのがきっかけで、ここでの研修を決めました。 2週間の研修期間中、4階のベビー服売場をメインに販売員とし て接客などを担当。ある時、ベビーカーでエスカレーターを利 用しようとするお客さまがいて、とっさにどう対応していいか分 からず、近くにいた男性スタッフに声をかけ、対処していただき ました。その後、自分がどうすればよかったのかを尋ねたら「状 況をみて自分で判断するのが大切。問題解決能力も接客サービ スの要素」と、社会に出るうえでも大事なアドバイスをもらえまし た。後でその方が岩元社長だと聞いてさらに感激しました。

 この経験があったからこそ、就職に対する視野が広がり、就 職活動自体にも積極性を持って臨むようになりました。さまざま な経験、意識を養えるインターンシップ制度を活用しない手はな いと思います!

インターンシップ

>> 体験先 五福旅行社股?有限公司(台湾)

海外から日本をあらためて見直す

野添 隆太 さん
経済学部 経営学科3年
加治木工業高等学校出身

 ゼミに日本経済を学んでおり、海外の経済とはどのような ものなのか自分の目で確かめたくなり、海外でのインターン シップを希望しました。台湾を選んだのは、日本との距離が 近く、さまざまなことを学べるのではないかと考えたからで す。  約2週間という短い期間でしたが、まず前半は本社にて旅 行プランを立てるといった座学を中心に学びました。ホテル や航空会社との契約など、非常に中身の濃い講義内容だっ たと思います。後半は一転、社外にて。実際にマンションに チラシを配ったり、一日だけですが台湾の観光地を巡るバス ツアーなども行いました。

 今回のインターンシップで、あらためて日本について考え 直すことができましたし、大学での授業に対してもより一層 意欲が増しました。今後は国内でのインターンシップにも参 加していきたいですね。まだまだ大学時代に学べることはた くさんあると思っています。

海外インターンシップ

中国、台湾、シンガポール

フィールドワーク

>> 肥薩おれんじ鉄道応援!沿線スイーツでおもてなしフェア

スイーツで地元を盛り上げる。
フィールドワークならではの醍醐味

常見 優斗 さん
経済学部 経済学科4年
鹿児島工業高等専門学校出身

 地域経済を学んでいる菊地裕幸教授(経済学部)のゼミ生27 人の活動の一環で、肥薩おれんじ鉄道のさらなる利用促進と沿線 のPRが大きな目的です。夏休みに阿久根市を訪れた方140人 へのアンケートや、地元企業などへのヒアリング調査を行い、沿 線をリサーチ。ゼミ生が各自で見つけてきたスイーツを試食し、 商品を選び、デパートや駅前のイベントで販売を行いました。  店舗との交渉やイベントの告知、販売など、すべて学生が主体 となって準備を進めました。販売ではたくさんのお客さまに来て いただいて、初日は声がかれるほど(笑)。告知不足や発注ミスな ど反省も多くありましたが、自分たちでひとつのことをやり遂げた という充実感は、フィールドワークならでの醍醐味だと思います。

 今回のフィールドワークを通じて、地域を盛り上げることの難し さ、事前に準備することの大切さを学びました。今後もこの経験 を無駄にせず、しっかりと生かしていきたいです。

鹿児島国際大学が取り組んできた多彩なフィールドワーク

ガラッパプロジェクト
慈眼寺商店街の食べ歩きや街歩きのためのマッ プ作成を主な活動としたプロジェクト。「慈眼寺食 べ歩き街歩き」というイベントも開催しています。
半島間連携チャレンジプロジェクト
薩摩・幡多(高知)・丹後(京都)・津軽(青森)の4つ の半島で地域活性化に取り組む国土交通省半島 推進室主催のプロジェクト。
甑島手打貝塚2次発掘調査
科学研究費助成事業(基盤研究(C))の一環 として、薩摩川内市の下甑町で、古墳時代の貝 塚(手打貝塚)の発掘調査に参加しています。
谷山ふるさと探検隊
谷山あいご会主催の、子どもたちが谷山の昔の 写真を手に現在その場所がどうなっているかを見 に行き、ワークシートにまとめるという企画のサ ポート役として参加。また使用した写真の一部を 本学教員が手配しました。
鹿児島とあなたと市電プロジェクト
鹿児島市の路面電車「でんでん」(白くま黒豚電車) の運行開始までを題材にした漫画の発行や市電に 親しむイベントなどを企画しました。
きっかけバス47
公益社団法人「助けあいジャパン」主催で、全国 47都道府県の学生たちが東北3県にバスで行 くボランティアプロジェクトに参加しました。

海外留学

>> 大連外国語大学(中国)

異文化を体験することで、
夢も広がる

有馬 弓絵 さん
国際文化学部 国際文化学科3年
鹿児島東高等学校出身

 2年生の2月から一年間、中国の大連外国語大学に交換留学生として留学し ました。午前中はみっちり授業を受けて、午後からは武術などの科目を選択。留 学当初は全く自分の中国語が通じず、くやしい思いをしました。逆にそれが頑張 る理由になったかもしれません。

 留学して感じたのは、それまで自分が報道などで知っていた中国と、自分の 目で見る中国とは全然違うということ。実際に異文化の世界に飛び込むことで 見えてくることがたくさんあるのだと実感しました。留学する前は少しだけ不安 でしたが、終わってみればあっという間でした。以前は中国語の先生を目指して いましたが、留学を終えて日本語の教員になるという夢もふくらみました。  鹿児島国際大学は中国だけでなく、世界8カ国と協定を結んでいます。大学 時代はたくさんのことを学べる貴重な時間。留学制度を利用して、ぜひ新しい 世界に飛び込んでみてください。

主な海外協定校

  • ラバル大学(カナダ/ケベック州ケベックシティ)
  • プリンスエドワードアイランド大学(カナダ/プリンスエドワード島シャーロットタウン)
  • ジョージアンカレッジ(カナダ/オンタリオ州バリー市)
  • クラーク大学(アメリカ/アイオワ州ダビューク市)
  • フロリダ国際大学(アメリカ/フロリダ州マイアミ市)
  • セントラル・ランカシャー大学(イギリス/ランカシャー州プレストン)
  • エディスカーワン大学(オーストラリア/西オーストラリア州パース市)
  • 大連外国語大学(中国/大連市)
  • 華東師範大学(中国/上海市)
  • 国立高雄慶用科技大学(台湾/高雄市)
  • 国立台湾師範大学(台湾/台北市)
  • 台北城市科技大学(台湾/台北市)
  • 慶熙大学校(韓国/ソウル市)
  • 培材大学校(韓国/大田広域市)
  • チュラロンコン大学 アジア研究所(タイ/バンコク)〈研究交流〉

産学官連携

>>株式会社スターフライヤー

現場の声を聞ける インターン制度を
就職活動にフル活用

桑島 覧子 さん
国際文化学部 国際文化学科4年
樟南高等学校出身

 大学の掲示板で株式会社スターフライヤーのインターン制度を知 り、すぐに申し込みました。北九州空港で1日行われたインターンは、 業務の説明やグループディスカッション、実習、面接など充実したカ リキュラムで驚きと発見の連続。飛行機を安全に飛ばすために、す べての部署の人々が一丸となって働いている姿が印象的でしたし、 中国語専攻の私にとって外語大学の参加者が多かったことも刺激に なりました。

 インターンを通して、これから始まる就活ではOB・OG訪問や、 説明会で社員と接触して、生の声をできるだけ多く聞きたいと思う ようになりました。得意の中国語を活かした職に就けるよう、就活で は航空会社を含めさまざまな可能性を探っていきたいです。

主な連携協定(2014年度)

内  容 提携先
産学包括協定 株式会社スターフライヤー
包括連携協定 鹿児島市
産学連携基本協定 鹿児島相互信用金庫
地域振興支援に関する覚書 阿久根市
産学包括協定 ANA福岡空港株式会社
連携協定 大和村
産学連携プロジェクト覚書 肥薩おれんじ鉄道
アイランドキャンパス事業 三島村
大隅地区における再生可能エネルギーを核とする
経済振興策の検討と雇用創出の可能性調査
日本ガス株式会社
南大隅町地域福祉計画推進事業委託業務 南大隅町
障がい福祉計画作成のための基礎調査の実施と計画策定助言 徳之島3町
安心生活創造推進事業アンケート調査業務 鹿屋市

地域との関わり

>> 高大連携シンポジウム 「南大隅の未来を高校生に語る」

異文化を体験することで、
夢も広がる

 本学附置地域総合研究所(高橋信行所長/福祉社会学部教授)は、「南大隅町を 中心とした大隅半島地域の地域づくり〔地域福祉を含む〕と産業の育成」プロジェク トを進めています。

 プロジェクトの一つとして、2014年11月には南大隅高校との高大連携事業の 一環として「南大隅の未来を高校生に語る」と題するシンポジウムを本学経済学部 の馬頭忠治教授とそのゼミ生ら40人が企画、開催しました。南大隅高校生をはじ め、森田俊彦南大隅町長ら役場関係者も多数詰めかけるなか、「高校生レストラン・ まごの店」仕掛け人の岸川正之氏の基調講演に続いて、4組に分かれて馬頭ゼミの3年生が地域活性化のプレゼンテーションを行いました。また、 シンポジウムの司会など運営にも協力。最後に馬頭教授が、2015年11月に「高校生がみんなに語る大隅の未来(仮題)」をテーマとするシンポ ジウムを開催できるよう、大隅半島の複数の高校と本学が核になった地域協働プロジェクト「みんなで大隅プロジェクト」を立ち上げる方針を示しま した。

その他の取り組み

合同ワークショップを開催

徳之島3町の障がい福祉計画作成に協力

 本学附置地域総合研究所は、徳之島3町(徳之島、天城町、 伊仙町)の障がい福祉計画の作成に関して、基礎調査のまとめ や策定の助言などについての委託契約を結び、事業の一環と して合同ワークショップを開催しました。  福祉社会学部の岡田洋一准教授が「精神障害者の支援- リカバリーの視点をもって」と題して講演。地域総合研究所の高 橋信行所長が基礎調査の結果(中間報告)に基づいて生活課 題をカードに書き出し、図式化するワークショップを行いました。

ハイドン作曲「天地創造」鹿児島初公演

かごしま県民大学連携講座

 本学音楽学科による教会音楽シリーズ№4、F.J.ハイドン作 曲のオラトリオ「天地創造」(全曲演奏・字幕付)公演が、かごしま 県民交流センターで行われました。

 公演では国際文化科学部ウーヴェ・ハイルマン教授が指揮を 務め、ソリストと重唱は選ばれた学部学生と大学院生が入れ替わ りで演奏。合奏団は学部生や教員、合唱団には本学学生に市民 も加わりました。神によって創造された創世記の世界を磨き上げた 音色で披露し、約430人の来場者を魅了しました。

トップに
戻る